譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

大腸がん手術の後の抗がん剤治療

 先回は、大腸がん手術の後、外来ではどのようなご説明をしているのかについて、お話しました。


今日は、その中でも、手術の後の抗がん剤治療についてお話しますね。
クリックしていただけると、うれしいです。


 手術で癌をすべて切除しても、約 17%に再発すると言われています。
このため、再発を抑える目的で、抗がん剤治療を行うことがあります。

このことを、補助化学療法と言います。

 補助化学療法は、
ステージIIIの結腸癌またはステージIIの結腸癌で再発の可能性が高い癌に行います。

 そして、その方法としては
5-FU というお薬とロイコボリンというお薬を 6 カ月間注射する方法が一般的でしたが、
5-FUののみぐすりである UFT  と ロイコボリンののみぐすりである ユーゼル の予防効果が注射療法と同等であることが米国で示され、
注射ではなく、のみぐすりでの治療を行うことが増えてきました。

 僕の外来でも、
UFT と ユーゼル での内服治療を最初に行うことがほとんどです。

 飲んでいただく期間は、約半年。
その間、抗がん剤の副作用による問題がないか、
抗がん剤の効果は良いか、
を検査しながら、外来で診察を続けていきます。

 次は、
抗がん剤の副作用についてお話しますね。
[PR]
by fkymhts | 2009-02-13 22:21 | 病気のこばなし