譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

オレンジバルーン って、知っていますか?

オレンジの風船が、手をのばすと届く宙にういている様子、


イメージできますか?


ホーッ、と、こころがなごむ風景ですよね。



これまでのがんの治療から、ちょっと気分をかえたお話です。
クリックしていただけると、うれしいです。


今日は、緩和ケアについてのお話。

がんと、がんの治療による症状をやわらげるためのケア、
それが、緩和ケア です。

がんによる痛み、
抗がん剤治療による吐き気などの症状をやわらげる
緩和ケアでは、
がん患者さんがより良い時間を過ごせるサポートをします。

がんの治療中は、痛みや吐き気などは我慢しないといけない、とか
がん治療ができなくなったから、仕方なく緩和ケアをする、
という誤解がされていることがあります。

その緩和ケアをわかりやすく説明しているウェブサイトを見つけました。

オレンジバルーンプロジェクト

こちらから、ご覧ください。

譜久山病院では、緩和ケアを推進しています。

あなたと、あなたの大切なひとの、
がんの治療にお役に立てますように。
[PR]
by fkymhts | 2009-03-17 20:18 | 病気のこばなし