譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

インフルエンザについてのメモ No.1

豚インフルエンザが、ニュースになっています。
えっ、鳥じゃないの、という方も多いでしょう。



今日からしばらくの間、取り急ぎ、豚インフルエンザについてのお知らせをします。情報がまとまっておらず、メモの形でお知らせします。
クリックしていただけると嬉しいです。


#1
【ジュネーブ25日共同】メキシコ、米両国で豚インフルエンザに感染したとみられる患者が1000人を超えたことを受け、世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は25日「感染は急速に拡大している。深刻な状況だ」との現状認識を明らかにした。WHOは同日、世界の専門家約15人でつくる初の緊急委員会をジュネーブのWHO本部で開催し、感染状況の深刻度を点検、情勢分析や拡大防止への取り組みを議論した。

 米国では人から人への感染と断定されたほか、感染が米、メキシコ両国の国境を越えた可能性も指摘されている。世界的大流行を懸念するWHOは、今回の事態が新型インフルエンザ発生に当たるかどうかを検討する。

 チャン事務局長は緊急委開催に先立ち、報道陣に述べた。

 WHOは鳥インフルエンザなどの変異で発生するとみられている新型インフルエンザの大流行に備え、6段階の警戒水準を設定。これを現行の「3」から「4」へ初めて引き上げるかどうかを協議する見込みだ。

 「4」への引き上げは新型インフルエンザ発生を認定する意味を持ち、引き上げなら日本政府は首相をトップとする対策本部を直ちに設置して、発生地への渡航自粛勧告を検討する。

 「3」は人から人への感染が「ないか限定的」、「4」は感染が「地域社会レベルで持続的に見られる」状態。拙速な引き上げは社会不安をあおりかねず、WHOは状況を慎重に分析している。

2009/04/25 23:17 【共同通信】 


ここで、警戒水準についての説明です。

新型インフルエンザ警戒水準(6段階) (WHOのパンデミックフェーズ分類)
パンデミック間期(inter-pandemic period)
「1」ヒトでの新型インフルエンザの感染なし。動物にウイルスが存在してもヒトへのリスクは低い。
「2」ヒトでの新型インフルエンザの感染なし。動物に存在するウイルスがヒトへのリスクあり。
パンデミック警戒期(pandemic alert period)
「3」ヒトでの新型インフルエンザの感染あり。ヒトからヒトへの感染がないか、あっても限定的。
「4」限局的な地域にも限られたヒト-ヒト感染を伴う、小さなヒトでのクラスター 「地域社会レベルで持続的に見られる」
 新型インフルエンザ発生を認定する意味を持つ
 日本政府は首相をトップとする対策本部を直ちに設置して、発生地への渡航自粛勧告を検討する。
「5」大きなクラスター。しかし、ヒト-ヒト感染の拡大は限定した地域のみ
パンデミック期(pandemic period)
「6」パンデミック。ヒト-ヒト感染が確立。一般人口で拡大し、しかも持続する感染。

今は、警戒水準が3から4へ引き上げられるかどうかが検討されている時期です。

今後も、しばらくの間、インフルエンザについてのお話を続けますね。
[PR]
by fkymhts | 2009-04-26 01:20 | 病気のこばなし