譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

医者冥利



今日は、とってもうれしいことがありました。
クリックしていただけると、さらにうれしいです。


 10年前、研修医だった頃に担当させていただいた患者さんのご家族から、お手紙を頂きました。

医者になりたてで、外科医としては何もできなかった時期。
指導医の先生の言うがままに従い、
ただ患者さんの身体や気持ちの状態だけは、誰よりもわかるようになりたい、
と思って、足しげく患者さんの部屋に伺っていました。

患者さんは、残念ながら、亡くなられましたが、
それから10年。
今でも、患者さんのご家族と年賀状を送り、頂く関係が続いています。

この患者さん達との出会いがあったからこそ、
今の自分があります。

患者さんとご家族から、覚えていただけることほど、
医者冥利に尽きることはありません。

前はできなかったことも、
患者さんたちとの出会いを通じて成長したことで、
次にお会いする患者さんのお役に立てるように、
お一人お一人の患者さんとの出会いを大切にしていきたいです。
[PR]
by fkymhts | 2009-09-23 21:59 | 医者と患者さん