譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

おりこうさん

 ケガをして譜久山病院に来られるお子さんの中には、
とっても、おりこうさん、のお子さんもいます。



うちの子より小さいのに、ずっと、おりこうさん。
と、思ってしまうこともしばしば。
クリックしていただけると、うれしいです。


 ある時間帯、(といっても、不特定な時間ですが)
譜久山病院にお子さんの患者さんがたくさん来られることがあります。

 お子さんのケガ、やけど、って、
小児科で診ていただけることが少なく、
外科の外来に来られることが多いんですよね。

 お子さんがよくケガをして、
しかも、縫わないといけなくなる場所は、決まっているんです。

 ベスト1,2は、
 眉の上 と あごの下

 ここは、皮膚のすぐ下が骨なので、
固いものに顔をぶつけると、簡単に切れてしまいます。

 縫わないといけないキズでも、
3歳にならないようなお子さんが頑張って処置を受ける姿を見ると、

うーん。
おりこうさん。。

と感心してしまいます。

 もちろん、泣いてしまうお子さんがほとんどですが、
泣きながらも、頑張ってくれるお子さんが多いのです。

 最後は、笑って診察室を出てもらえるように、
診察するこちらも、
お子さん好きの看護師さんと一緒に、
日々、頑張っています。
[PR]
by fkymhts | 2010-05-20 23:35 | 診察室のひとりごと