譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

自分のために働く

 4月になり、譜久山病院にも新しいメンバーが加わりました。

働き始めるときの挨拶として、「一日も早く戦力になりたいです。」という言葉をよく聞きます。

組織の戦力になる、というのは、組織にとって非常に大切なことですが、それよりも大切なことがあるように思います。

戦力になるというのが、組織のために働く、というのではなく、自分のために働く、という視点で考えられるかどうかです。

自分の意志とは関係なしに、組織のために働く、
つまり、人のために働く ということが起こると、どうなるか。

人の為、と書いて、偽り と読みます。

自分の意志のない、偽りの仕事は、長続きしません。

自分の意志で、自分の責任でもって選んだ仕事で、自分のために働いて、
その結果、組織が発展していく。

そして、組織は、その個々のスタッフの働く環境を整え、働きに報いる。

そういう病院にしていきたいです。
[PR]
by fkymhts | 2005-04-10 23:13 | 診察室のひとりごと