譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

3代

 3代にわたり…

というと、歴史を感じますよね。



今日は、3代にわたる、患者さんとのかかわりについてのお話です。

クリックしていただけると、うれしいです。



 ふくやまの外来に来られている患者さんで、3代にわたり関わらせていただいている方がおられます。


 ふくやまの母方の祖父が、元々は診させて頂いていて、

その後、父が開業した後に、父が診させて頂くようになり、

そして、父が倒れた後は、ふくやまが診させて頂くようになり、

現在に至っています。


 代を超えて、

永きにわたり、信頼をしていただいることに感謝するとともに、

 代を超えて、

祖父、父が積み重ねてきた信頼に対する責任をずっしりと感じます。



 3代にわたって関わらせていただいている患者さんですので、

ご高齢のためにコミュニケーションがうまく行かないこともありますが、

祖父と父が持っていたであろう、患者さんに対する敬意を、

ふくやまも忘れることなく抱き続けて、

患者さんに接して行こうと思います。


 これからも、

患者さんの世代を超えて、

そして、ふくやまの世代を超えて、

患者さんとの良い関係を築き続け、

永続的に地域の方のお役に立てることを志して。
[PR]
by fkymhts | 2010-05-29 22:42 | 診察室のひとりごと