譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

やけどでも、シャワーは浴びれます

 先日より、広い範囲のやけどの患者さんが続けてこられます。

暑くなってきましたので、お風呂にはいれるかどうか、ご質問を頂くことが多いです。



今日は、やけどをした時のお風呂についてのお話です。
お役に立てれば、幸いです。 クリックで、やけどの知識を広めるお手伝い、お願いします。


 やけどをしても、シャワーを浴びていただくことは問題ありません。

「濡れると化膿するのでは?」
というご不安をもたれる方も居られますが、
日本の水道には、細菌(バイキン)は居ません。
濡れるだけで化膿する心配は、ありません。

逆に、
やけどから出てくるジュクジュクした液(滲出液:しんしゅつえき)がこびりついたり、
汚れたままの状態でいることのほうが、化膿する危険性が高くなります。

シャワーを浴びる時は、
やけどをラップで覆ったままで全身を洗って、
お風呂から出る前にラップをはがして、
シャワーの勢いを弱くしたぬるま湯でそーっとやけどの部分を洗ってくださいね。

そのあと、やけどの部分はこすらず、まわりの水気をタオルなどでふき取って、
ワセリンを塗ったラップなどで覆ってください。

 暑い季節のやけどの治療は大変ですが、
シャワーで清潔にして、化膿しないように、早く治しましょうね。
[PR]
by fkymhts | 2010-07-13 20:19 | キズの手当て