譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

命にかかわる 救急

 今日は、ふくやまは当直です。

救急車で運ばれる患者さんが続きましたが、

手遅れになると、命にかかわる状態だっただけに、

間に合ってほっとしました。




たくさんの方に第3診察室がお役に立てますように、
クリックでブログランキング応援お願いします。


 食べ物をのどに詰まらせ、意識がない状態で救急車で運ばれた患者さん。

緊急で内視鏡を行い、気管に詰まっていた食べ物を無事に取り除くことが出来ました。

意識も戻り、一安心。

不安気だったご家族の方も、とても喜んでおられました。



 その次も、意識がない、とのことで、救急から受け入れの依頼。

糖尿病の治療を行っている、とのことで、ひょっとすると、と血糖を測ると、

22!!

(ちなみに、ウィキペディアによると

1. 血糖値が約80mg/dLを下回ると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極端に低下する。
2. 約65-70mg/dLに低下すると、血糖値を上げるホルモンであるグルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始める。
3. 約60-65mg/dLに低下すると、三番目の血糖値を上げるホルモン、成長ホルモンが放出される。
4. 最後に60mg/dLをきるようになると、最後の血糖値を上げるホルモン、コルチゾールの分泌が亢進する。

血糖値が50mg/dlを下回ると、大脳のエネルギー代謝が維持できなくなり、精神症状をおこしはじめ、さらには意識消失を引き起こし、重篤な場合は死に至る。


ということでした。

なので、22mg/dLと言うのは、非常に重篤な状態で、

意識消失を起こしているまま、発見が遅れると命にかかわる状態です。

ブドウ糖液を注射すると、すぐに意識が回復し、

血糖も上昇しました。


患者さんの突然の急変にも動揺せず、

救急隊到着までの間、救命処置を行われていたご家族も、

緊張が解けたのか、多弁になっておられました。


救急医療をしていて、患者さんのお役に立つことが出来て良かった、

と思える当直でした。


と、

当直は、まだ、終わっていませんでした。

明日の朝まで、地域の人々が平穏に過ごされますように。
[PR]
by fkymhts | 2010-07-23 00:37 | 診察室のひとりごと