譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

自分でできる やけどの治療

やけどにラップ の 続編 です。
やけどで、こられた患者さんに、ワセリンをぬったラップをあてる治療をしています。

やけども、ほかのキズと同じように、治療の原則として、
乾かさない
消毒しない 

処置をします。

やけどで、ほかのキズと違うところは、 
とにかく、イタイ!! こと。

ヒリヒリして、ちょっとでもあたったりすると、悲鳴が上がりそうになります。

そこで、やけどの治療には、ほかのキズの治療と違って、

やけどにくっつかず、簡単にはがれる
やけどから出る液(浸出液)が乾いてこびりつくことがない
やけどから出る液が多いので、処置をほかのキズよりも多くしないといけない


処置が必要です。

それには、
やけどを乾かさず、簡単にはがれて、自宅で処置ができる
ワセリン+ラップ が、最適です。



ということで、自分でできる やけどの治療 の方法ですが、
病院でワセリンをぬったラップをあてて帰った後、やけどから液(浸出液)が出てきたら、

1.ラップをそーっとはがして、やけどから出る液(浸出液)をぬるま湯で洗い流します。
痛ければ、無理せずに落ちるところだけ落とします。
水ぶくれは破らないようにします。

2.ワセリンをラップに塗ります。(やけどにそのまま塗ると、とてもイタイので、ラップに塗ることをおススメします。)
手で塗りにくい時は、バターナイフやアイスクリームの木のスプーンなどが便利です。

3.ワセリンのついたラップで、やけどを覆います。
やけどでは、皮膚の痛みを感じる神経がむきだしになっているために痛みを感じやすいので、覆うだけで痛さが減ることが多いです。

4.ラップの周りをテープで止めます。
やけどから浸出液が多く出ることがあるので、ラップの上からガーゼやタオル、うすいオムツなどをあてて、浸出液でまわりがよごれないようにしたほうがよいでしょう。

浸出液が多い場合は、1日に2-3回の処置が必要になることもあります。
可能ならば、ぬるいお風呂に入った後(ほかの人の後には入らないほうが良いでしょう)や、シャワーの後に処置をするとよいです。

また、やけどの周りが 赤くなってきたとき、 腫れてきた時、 痛みが強くなってきた時、 水ぶくれが破れたとき は、病院での診察を受けてください。

やけどで入院されている方の治療の様子も、いつかお知らせしますね。
[PR]
by fkymhts | 2005-04-16 22:22 | キズの手当て