譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

炊飯器でのやけどにご注意

 お子さんのやけどが、続いています。
特に、気になるのが、炊飯器の蒸気でのやけど。



今日は、小さなお子さんがお家に居られる方は、必見です。
ブログランキング、クリックで広めていただけると、うれしいです。


ふわふわーっと、白い煙があがるのが、
きっと、気になるんでしょうね。

1,2歳で、炊飯器の蒸気で手のひらをやけどして来られるお子さんが、後を絶ちません。

炊飯器の蒸気は100℃近い高熱です。
ご飯をよそう時にあがってくる蒸気でも、かなり熱いですものね。

小さなお子さんは、大人よりも皮膚が薄いぶん、やけども重症化しやすいのです。

食欲の秋で、炊飯器。
冬に向けての乾燥、インフルエンザ対策での、加湿器。
(そして、もちろん、ストーブなど)

これから、蒸気の出るものでやけどをしないように注意をしないといけないものが、増えてきますね。
小さいお子さんが居られるのでしたら、
こちらのウェブサイトを見られるととても参考になります。
http://www.kokusen.go.jp/kiken/contents244/index.html

また、話を元に戻して、
蒸気の出ない炊飯器、というものがあり、
第3回キッズデザイン大賞を受賞しているようです。
こちらから、ご覧ください。
http://www.kidsdesignaward.jp/kda_award_2009/prize1/

不幸にも、蒸気でやけどをしてしまったら、
すぐに冷やして、医療機関に相談をしてくださいね。

最初に思っているよりも、重症化することがよくあります。
[PR]
by fkymhts | 2010-10-17 00:25 | キズの手当て