譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

再発



今日は、辛いけど、元気をもらえたお話です。
ブログランキングアップ、クリックでご協力お願いします。


「先生、がんが再発しました。」

第3診察室に入って来られたTさんから、辛いお話がありました。

Tさんとは、食道がんを県立病院で手術した後、再発を防ぐための抗がん剤治療 (術後補助化学療法) をするために、ふくやま病院にご紹介頂いてからのおつきあいです。

「そうですか‥」

抗がん剤の副作用も乗り切って、いつも明るく振舞われるTさんですが、
なんとお声がけしたものか、言葉に詰まってしまいました。

「でもね、再発してしまったものは仕方が無いので、県立病院の先生が言われる、放射線治療と抗がん剤治療を受けることにしました。」

Tさんの目には、ご自身の病気に真正面から取り組んで行こう、という強い力が見えました。

「そうですね。
これまで、手術も、その後の抗がん剤治療も、
その時その時で最善、と考えられる治療をしてきたのですから、
今回も、ベストの治療をして行きましょうね。」

と、お答えし、
Tさんと奥さんが放射線化学療法 (放射線治療と抗がん剤治療を組み合わせた治療) について
ご不安、ご不明に感じておられることを伺い、説明をしました。

一通り説明が終わり、納得されたTさんは、
「それじゃあ、先生、
県立病院の入院治療で年内一杯かかると思うので、
退院してきたら、また、お願いしますね。」

と言って、第3診察室を後にされました。

Tさんの前向きな姿勢に、再発の告知の後の診察にもかかわらず、元気を頂きました。

治療を無事に終えて、また、元気なお顔を見せていただけるのが、
楽しみです。
[PR]
by fkymhts | 2010-10-24 06:39 | 医者と患者さん