譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

こんな緩和ケアにしていきたいな…

 がんによる苦しい症状を和らげるために、
チームで緩和ケアに取り組み始めてから、5ヶ月が経ちました。



今日は、譜久山病院に必要とされている緩和ケアについて、チームの立ち上げの時から一緒にがんばってくれているA先生とお話をした内容をお伝えします。
クリックでブログランキングにご協力、お願いいたします。


 患者さんは、がん、と診断されると、
まず、
がんを治したい
と思われるでしょう。
そして、がんセンターや大学病院、市民病院などの中核病院(いわゆる、大きな病院)で、
専門的、根治的な治療を希望されるでしょう。
この段階で、譜久山病院がお役に立てることは、
いち早くがんを発見して、適切な医療機関にご紹介することです。

緩和、という言葉はこの段階では適切ではないかもしれませんが、
がん、というつらい現実に直面する患者さんをサポートする役割は、大変重要です。
チームとして、ではなくても、個人的に 緩和 の心を持って、患者さんに病状をご説明しています。


 治療が無事にひと段落つくと、次に心配なのは、
再発が怖い
ということでしょう。
再発を予防するために抗がん剤治療をしたり、
早期発見のために定期検査を受けたりするようになりますが、
この時も、始めに治療をしてもらった先生や、
検査結果が残っている中核病院での治療を希望されるでしょう。

ただ、中核病院は、専門的、根治的な治療に対応することが主な役割になっていますので、
様子を見るために外来通院を続けたり、緊急時にすぐ対応してもらったりするのが難しい、
ということが、現実的にはあります。

こんなときに、患者さんが困られないように、
中核病院の先生と連携をして、一緒に患者さんを診ていくのが譜久山病院の役割であり、
そして、その患者さんが持っている、がんによる苦しい症状を和らげるのが、
譜久山病院の緩和ケアのチームに必要とされていることじゃないかな、という結論に行き着きました。

そして、もちろん、
再発したり、残念ながら発見された時点で治療ができない進行がんの患者さん。

この方たちは、苦しまずに最期を迎えたい、と思っておられるでしょう。
そして、この患者さんにとって、とても大きな支えとなるのは、
それまで一緒に暮らしてこられたご家族の存在です。

ご自身が住みなれた地域で、ご家族がお見舞いに来られやすい病院で、最期を迎えたい、
と言われる方がおられます。

この方たちが、安心して入院治療を受けることができ、
そして、可能ならば、ご自宅で過ごす時間を持つことができるように。
何か急なことが起こったときには病院で受け入れる態勢で、
ご自宅で過ごされる貴重な時間をサポートできるように。

こんなことも、
譜久山病院の緩和ケアのチームに必要とされていることじゃないかな。

緩和ケア病棟を持っておられる病院には、
ハード面や専門スタッフの面で及ばない点が多々ありますが、
今の建物、今のスタッフでできることはたくさんあります。

お一人お一人の患者さん、そして、ご家族の方と関わらせて頂きながら、
こころ優しいチームのみんなと、少しでもより良い緩和ケアを作っていきたいです。
[PR]
by fkymhts | 2011-04-29 00:22 | 診察室のひとりごと