譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

外科医な一日

今日は、午前中、外来でキズの患者さんの処置。
途中から、通所リハビリテーションの看護師さんがキズの処置の見学に来られ、消毒しない、ガーゼを使わない治療法について、実際に処置をしながら説明をしました。

見学にご協力いただきました患者さん、ありがとうございます。

外来処置に引き続いて、痔の手術。

その後、胆嚢炎の患者さんのPTGBD(経皮的経肝的胆嚢ドレナージ)。
胆嚢炎で胆汁の流れが悪くなっているので、皮膚の上から胆嚢に細い管を入れて胆汁を外に出す治療です。

そのまま午後には、胃癌の手術があり、手術室から出てきたら21時でした。

残念ながら、まだ終わりにはならなくて、病理の検査(顕微鏡で病変の範囲やリンパ節の転移を調べる検査)のために、手術で取った胃を処理しなければいけません。

手術後の患者さんの状態が落ち着いているのを見て、病院を出たのが24時過ぎでした。

外科医としての仕事で明け暮れた一日でした。c0029677_17571265.jpg
[PR]
by fkymhts | 2005-05-06 23:57 | 診察室のひとりごと