譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

はやくバトンを

 救急車で運ばれてきた患者さんがいました。
検査の結果、太ももの骨(大腿骨)の骨折があり、手術が必要です。
ただ、他の病気もあるため、手術および麻酔に関しては専門医の元での治療が必要です。

 譜久山病院では専門的な治療が提供できない為、転院をしていただくことになりました。

 自分の病院で治療を完結することができないのは残念ですが、
不十分な医療を提供することは患者さんにとって不利益となります。

 医療ソーシャルワーカーの協力で、早期に総合病院へ転院をしていただくことができました。

c0029677_238813.jpg 患者さんの状態がいいうちに、適切な病院へはやくバトンをわたす。

 それも、大切な仕事だと思っています。

 
 
[PR]
by fkymhts | 2005-05-28 05:21 | 医者と患者さん