譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

パワーアップ

 明日、6月から、譜久山病院の診療体制がパワーアップします。
外科の先生が新しく勤務されることになり、外来、検査がより充実します。

 外来患者さんには、これまでの外来担当が変更する部分もあり、ご迷惑をおかけするかもしれません。新しい外来担当表を受付においてありますので、ご参照ください。

 譜久山仁の外来としては、毎週月曜日の午前に、キズの外来 が新しくできます。
キズを自分で処置する方法をお教えすることが、キズの外来の最大の目的です。

それにより、患者さんが外来を受診する回数が減ることが予想され、病院の収益という面からだけ考えると、 病院にとっては望ましくないことかもしれません。
c0029677_22285877.jpg

でも、からだって、病院に行ったら良くなるものではないのです。
病院は、けっしてからだを良くする魔法の箱でも、ブラックボックスでもありません。

キズを自分で処置し、
からだが治っていく様子を自分の目で確かめ、
自分のからだとの対話をする。

そして、患者さんだけでは解決できないことを、医療者が協力して解決する。

それができるようになれば、
医療者はより治療が必要な患者さんにより重点的に、より多くの時間を充てることができるようになり、
より治療が必要な患者さんは、短い待ち時間で、十分な治療をうけることができるようになり、
セルフケアができる患者さんは、病院に行く必要が減ってくる。

そうなると、単に病院の収益と換えることのできない、より大きなものが得られると思うのです。

明日からのパワーアップした病院が、とても楽しみです。
[PR]
by fkymhts | 2005-05-31 22:30 | 診察室のひとりごと