譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

右か左か

 専門外の病気の患者さんが受診されることがあります。
一般外科を専門としている僕の場合は、泌尿器科、耳鼻科、眼科、整形外科、婦人科、小児科などなど。
 専門外でも、鼻血を止める、といったことなど、お役に立てることは可能な限り診させていただいていますが、やはり、専門家に診てもらった方がいいことも多くあります。
 
 そのような時に、知っている先生に紹介して、バトンを渡すことができれば良いのですが、紹介するのに適した先生が見つからないことがあります。

 そのような時、最低でも、どの病院に行けばよいか、どこに問い合わせればよいか、といったことだけでもお知らせするようにしています。
 
 患者さんが困って立ち止まった先に、右に行ったらよいか、左に行ったらよいか、だけでもお知らせできるように。
 
[PR]
by fkymhts | 2005-06-05 12:52 | 診察室のひとりごと