譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

ひとかけらの希望

 亡くなられた患者さんのご家族が、ご挨拶に来られました。

 癌の終末期で、呼吸状態が悪くなって救急車で運ばれて入院され、一旦は小康状態になった患者さんでした。

 状態が落ち着かれて、退院できるようにがんばっていきましょうね、と言っていたのですが、結局その願い叶わず、亡くなられました。

 何とか、もう一度ご自宅で過ごしてもらえるのでは…。
という、想いが実現できなかったことが、こころに重く残っていました。
 

 
救急車で運ばれた時に、もうだめだと覚悟していました。
それが、話ができるくらいにまで良くしていただいて、本当にありがとうございました。


そう言っていただけると、本当に救われます。
何とか、ご自宅でもう一度過ごしていただけるのではないか、と思っていたのですが。


c0029677_20484981.jpg



 ご家族の方の言葉が、こころにぽっとうかんだ、ひとかけらの希望でした。
[PR]
by fkymhts | 2005-06-11 20:52 | 医者と患者さん