譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

接遇の勉強会

 接遇について、ポートピアホテル支配人の福寿様にご講演をいただきました。
ホテルとホスピタル(病院)の両方に共通するホスピタリティという言葉をもとに、ポートピアホテルならではの
おもてなしのこころ
について、ケーススタディを交えながらお話をしていただきました。
c0029677_22830100.jpg

 病院に関係のあるところでは、
「レストランで、お食事のあとに薬を取り出されたお客様がおられます。あなたならどうしますか?」 というケーススタディ。



 薬を飲むのに水が必要なのだろうな、というところまでは、想像がつきます。

解答例としては、
お客様から声をかけられるのを待たずに、
氷の入っていない水、もしくは、白湯をトレイに載せてお客様のところに持っていく、というものでした。

お客様が必要なときに、こちらから察して、必要なものをすぐに出せる状態にする、
というのが、ホスピタリティに必要ということでした。

c0029677_22121869.jpg ホテルならではのおもてなしのこころを参考に、患者さんへのホスピタリティあふれる医療、福祉、介護を提供していきます。
[PR]
by fkymhts | 2005-07-16 05:59 | イベントのおしらせ