譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

手のやけどの治療経過

 手のやけどをされた方に、治療の経過を写真で載せたいとお話をすると、非常に快く了承していただけました。

今日は、やけどをした当日とその翌日の様子をお知らせしますね。

c0029677_01318.jpg
揚げ物をしているときにてんぷら油が手にかかり、やけどをして第3診察室に来られました。
全体に赤みがかかっていますが、まだ水疱(すいほう:水ぶくれ)は目立ちません。
ワセリンをぬって、ラップの代わりにビニール袋で手を覆いました。


c0029677_0151150.jpg
翌日の写真です。
赤みがかった色はすこしうすれてきましたが、親指の付け根の水疱がとても大きくなり、痛みが強くなってきました。

やけどの時の水疱は破らない方が早く治るといわれていますが、このままでは痛みが強いので、水疱を一部切ることにしました。
[PR]
by fkymhts | 2005-07-25 00:08 | キズの手当て