譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

手のやけどの治療経過 その後 part3

c0029677_1483272.jpg手のやけどの治療経過 その後 part2の続きです。
水疱を取り除いた部分にも、表面の皮膚ができてきて、浸出液が出なくなりました。(上皮化する、といいます。)
やけどのあとは、赤くなったり、みみずばれのようになったりする(肥厚性瘢痕:ひこうせいはんこんといいます。)ので、それを予防するために軟膏を使います。
ワセリンは塗らず、軟膏をぬって、手袋をはいてもらいます。
[PR]
by fkymhts | 2005-07-30 14:08 | キズの手当て