譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

患者さんに役立ち、医療者にやりがいがある 緩和ケア

緩和ケアでは、
医療者が患者さんを管理しようと思うと苦しい。
患者さんが病気の経過をリセットできると考えていると、受け容れができない。

医療者、患者さんの双方にとって幸せを目指すためには、
医療者が経験や知識から患者さんの経過を予測し、
患者さんの人となりを理解した心でそれを説明し、
患者さんの受け止めを共感的立場で傾聴すること。
そして、患者さんが望む生き方をチームで支えること。

なんとなく、こんなことが見えてきました。
[PR]
by fkymhts | 2016-03-23 16:17