譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

こんなになりました

ケガをした3歳の女の子が、やってきました。

浅いキズだったので、フィルムで覆うだけで治療が終わりました。

お母さんから



「1年前にやけどで診てもらったんですよ。」とのおはなし。

「右手の広い範囲のやけどでした。
一番ひどかったところの跡が残っていますが、ほかはこんなになりました。」

といって、やけどだったところを見せてくれました。

ほとんどわからないようにまで治っているのを見て、うれしく思いました。

3歳のお子さんの1年前、ということは、当然、2歳のとき。

一度病院に来たら、その後病院を怖がるお子さんが多いのですが、
それから後も、ニコニコとしながら病院に来てくれるお子さんとお母さんに、
明るい気持ちにさせてもらえました。
[PR]
by fkymhts | 2006-01-27 00:16 | 医者と患者さん