譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

ジェネリック

TVのコマーシャルで、ジェネリック、という言葉をよく耳にするようになりました。

後発品の薬剤のことで、同じ効き目で費用が安いということをウリにしています。

先発品と同じ成分で、同じ効き目で、費用が安ければいいことばかりですが、



じつは、TVのコマーシャルで言われていない大切なことがあるのです。

ジェネリックは、副作用についての試験が十分になされておらず、先発品と比べると薬剤によっては安全面での不安が残るのです。

命に関わる薬についてのことだけに、良いことについてばかりの報道は気になります。

安かろう、まずかろう、にならなければ良いのですが。
[PR]
by fkymhts | 2006-04-05 22:52 | 診察室のひとりごと