譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

願い

 どうして、この人は、



これだけまっすぐな瞳を持っているんだろう。


僕とほとんど変わらない歳で、癌の手術を受けられ、
その上、再発し、食事が食べられないという状態にあるのに。



痛み、息苦しさ、だるさ、というからだの症状。

どれひとつとして、耐えられるものではない。

それだけではない。

不安、あせり、やるせなさ、がこころをも襲うはず。



それでも、どうして、この人は、
うつむくことなく、輝きを失うことのないまっすぐな瞳をもてるのだろう。


キュプラー・ロスの死の受容の5段階。
否認・怒り・取引・抑鬱・ そして 受容

この人は、受容の域にまで
達したのだろうか。


僕が耐えることができないであろう苦痛にも、まっすぐな瞳をそらすことのないこの人。


この人の瞳が輝きを失わないように、
そして、すこしでも長くきらきら、輝く時間を持ってもらえますように。


できる限りの best supportive careをしていこう。
[PR]
by fkymhts | 2006-11-23 00:25 | 医者と患者さん