譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

胃癌手術後の抗癌剤治療

抗癌剤の治療は、

化学療法
といわれます。

その中でも、手術のあとに行う化学療法のことを、
術後化学療法、
英語で、アジュバントケモテラピー adjuvant chemotherapy といいます。

胃癌の術後化学療法に、TS-1というお薬が有効であることが、報告されました。

手術後にTS-1を内服したグループは、
内服しないグループと比べて死亡するリスクが32%減少することが認められました。

また、手術後3年の生存率は、
手術だけを行ったグループでは、70.1%。
それに対して、TS-1を内服したグループでは80.5%と、
10%を超える生存率の改善が認められました。

気になる副作用ですが、
グレード3以上とよばれる重篤な副作用は低頻度(食欲不振の6%が最大)
といわれており、
副作用は少なく、効果が大きい治療といえるでしょう。

学生の頃、胃癌には抗癌剤は効かない、というようなことを
先輩の先生から聞いていただけに、化学療法の進歩の速さを実感します。

すこしでも多くの胃癌患者さんに朗報となりますように。

今日は、

胃癌の手術後の抗癌剤治療のおはなし
でした
[PR]
by fkymhts | 2007-03-08 09:48 | 病気のこばなし