譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

らぱあっぺ

 らぱあっぺ、と聞いて、
どこかで聞いたことがある、と思ったあなた。

そう、

スルドイ

ですね。
らぱたんの仲間、なんです。

正確には、
ラパロスコピックアッペンデクトミー
laparoacopic appendectomy

といって、

腹腔鏡下虫垂切除術

つまり、

従来のおなかを切る手術ではなく、
腹腔鏡を使って虫垂をとる手術(いわゆるモーチョーの手術)なんです。


モーチョーの手術って、
腰の麻酔で、すぐに終わる手術じゃないの?

と思ったあなた。


実は、

大変なモーチョーの手術もあるんです。


やせていて、
はじめておなかが痛くなった、いわゆる初発のモーチョーの場合。

できるだけ小さいキズで(大体2-3cm前後)、
あとが残りにくいような皮膚の縫い方をして、
脊椎麻酔(腰の麻酔)、開腹手術を行います。


でも、
しっかりとした体格で、
(もっとストレートにいうと、皮下脂肪が多くて)
虫垂が奥深くもぐりこんでいて、
炎症が強いモーチョーの場合、

開腹手術では、大変なんです。


このような場合は、開腹手術では2-3cmのキズで手術をすることは到底不可能で、
場合によっては10cm近くおなかを開けないといけなくなります。

腹腔鏡下手術、つまり、
らぱあっぺだと、
カメラ(腹腔鏡)を入れる為に3cmのキズが1ヶ所。
その他、鉗子(かんし:手術で使うマジックハンドみたいな器具のこと)を入れる為に1-2cmのキズが2-3ヶ所。
と、小さいキズで手術ができるんです。

その上、
開腹だと術者しかおなかの中が見えないのが、
腹腔鏡だと手術室にいる全員がおなかの中を見ることができ、
安全に手術ができます。

また、
手術後の痛みははるかに小さく、早い時期に動くことができるので、
入院期間を短くすることもできます。


まだ、モーチョーを持っていて、
胸に(おなかに?)手を当てて、思い当たることのあるあなた。


手術をするなら、

らぱあっぺ

ですよ。
[PR]
by fkymhts | 2007-03-29 22:43 | 手術室で