譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

答えは

ないんでしょうね。

どのようにして最期を迎えるのがいいのか。


ブログ更新がご無沙汰になってしまいました。しばらく、重い患者さんが続いていて‥。


ということで、ちょっと、重いお話です。

癌の末期の患者さんの担当になることが多く、
最期の瞬間は、かならず、いつかやってきます。

それまで、
手術、
抗がん剤、
痛みとの闘い 
をしてこられた患者さんにとって、
できるだけ最期は安らかに眠っていただきたい。

というのが、僕の個人的な願いです。

譜久山病院では、
最期のときが近づいてくると、
終末期医療についてのご説明、という書式をお渡しして
患者さん、もしくは、ご家族にお話をします。

その中に、
血圧が下がったときに、血圧を高くする昇圧剤を使うことを希望されますか。
というご質問と
呼吸の状態が悪くなったときや心臓が止まったときに、口から気管に管を入れる気管内挿管や人工呼吸器での呼吸管理、心臓マッサージを希望されますか。
というご質問があります。

患者さん、そして、ご家族によって、考え方が違うのは当然のことなので、
気管内挿管や心臓マッサージを含めて
ご希望に沿えるような医療を提供するのですが、

最期は、
家族に手を握ってもらって、
すーっと息を引き取られるのを、
医療者は見守る

というのが個人的には安らかな最期じゃないのかな、と思っています。

でも、きっと、

答えはないんでしょうね。

[PR]
by fkymhts | 2007-05-27 07:19 | 医者と患者さん