譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

ぽっかり


空いた、心のすきま。


朝に、昼に、夜に、

一番気になって診察に行っていたベッドも、

ぽっかりと空いています。


患者さんががんばれば、

医療者もがんばれば、がんばるほど、

ぽっかりと空いたすきまは、

大きくなります。



どうしたら、救えたんだろう。

やれることは、すべて、した。


それでも、救えなかった命に、

自分の力不足を感じます。


ぽっかりと空いた心のすきま。


満たしてくれるのは、

それでも感謝してくださるご家族の

「ありがとうございました。」

という言葉 

です。


ご家族の心のすきまも、

大きいでしょうに。
[PR]
by fkymhts | 2007-06-08 02:53 | 医者と患者さん