譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

らぱころん

らぱあっぺらぱたんに続く、第3弾。

らぱころん のご紹介です。


今日は、久々の外科のお話です。
クリックしていただけると、うれしいです。


らぱころん

正式には、

Laparoscopic-Assisted Colectomy (らぱろすこぴっく あしすてっど これくとみー)

腹腔鏡補助下大腸切除術。

略して、LAC(らっく)と呼ばれることもあります。


以前は、大腸癌の手術、というと、
おへその少し上から恥骨の上までを
ズバッと 切る 開腹手術 しかありませんでした。
これで、キズの大きさは、約20-25cmくらい。

今は、腹腔鏡を使って、小さいキズで手術をすることが可能になってきています。

どのくらい小さいか、というと、
腹腔鏡(カメラ)を入れる為のキズが1.5cm,
手術の機械(マジックハンドの先にはさみなどが付いているもの)を入れる為のキズが1.5-2cmを3カ所,
切除した腸(癌の部分ですね)を取り出すためのキズが4cm。

開腹手術と比べて、手術後の経過が良い、という論文の報告もされています。
結果を簡単に言うと、(LAC:らぱころん、 OC:開腹手術)
術後臨床経過では
LACで疼痛が少なく,
消化管機能回復が早く(経口摂取開始:LAC : 3.0±2.8日vsOC : 5.8±1.6日,p<0.0001),
術後在院日数が有意に短かった(LAC : 15.8±6.8日vsOC : 26.5±7.2日, p<0.0001)

つまり、
開腹手術では、食事開始まで6日前後で、退院まで27日前後だったのが、
らぱころんでは、食事開始まで3日前後、退院まで16日前後 と
手術後の回復が早かったと言うことです。

すべての大腸癌の患者さんにらぱころんが可能なわけではありませんが、
手術をしないといけない時に、大切な選択肢として考えられると思います。

らぱあっぺ、らぱたん、らぱころん

腹腔鏡手術で、
出来るだけ手術後の痛みが少なく、
回復が早くなるように、していきたいです。
[PR]
by fkymhts | 2007-06-30 17:36 | 手術室で