譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

ドクターコール

 しばらく、研修の為に、病院を留守にしていました。

リーダーシップについて、
世界各国から約70人、日本全国から約50人の人たちと一緒に研修を受けてきました。


今日は、とても貴重な経験についてのお話です。クリックしていただけると、うれしいです。

異国の地で、1週間。
体調を崩す人たちも出てきました。

(そういう僕も、異国ではありませんでしたが、風邪を引いてしまいました…)


なんとなく、体調が悪い人の情報が集まってきて、

耳に入ると、どうしても気になってしまって、様子を見に行って。

と、1週間で3人を診ることになりました。


病院を離れての診察。

検査も出来ませんし、薬も自分の手持分しかありません。

出来ることは、病院に行った方がいいか、行かなくて様子を見れるかの見きわめと、

手持ちの薬での対処、だけ。


最終的には、薬で何とか症状を抑えたり、病院で治療してもらったり、で

無事に皆さん帰国してもらえました。


今回、思ったことは、

医者は病院を離れたら哀しいほど微力であること。

それでも、医療者以外の人にとっては、頼りにされる存在であり、
精一杯その人のことを診ることによって非常に感謝されること。

です。


昨今の医療訴訟の報道を見ていると、

「触らぬ神に…」と、腰が引けてしまいそうになりますが、

やはり、困った人がいれば助けたい、というのが、医療者としての本能です。


「お医者さんいませんか?」

というドクターコールに対して、

人種や言葉が違っても、出来る限りのことをする。


症状が良くならないと、非常に悩んだり、気の毒になったりします。

それでも、不安になっている人と一緒に、その気持ちを共有し、
もてる限りの能力でその症状を改善できるように努める。

その結果、
"Thank you Doctor." と言ってもらえると、
心の底から、医療者であって良かった。
と思います。

Service to humanity is the best work of life.
という言葉があります。

人類への奉仕が、人生の中でもっともすばらしい仕事である。


医者が出来る人類への奉仕。


ドクターコールに、顔をうつむけてしまうことなく、

堂々と手を上げて、応えていこうと思います。
[PR]
by fkymhts | 2007-07-20 06:39 | 白衣を脱いで