譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

医療界の声

参議院議員選挙が終わって、一息ついて‥。

と、落ち着いておれる状態ではありません。


今日は、選挙後を見届けていくお話です。クリックしていただけると、うれしいです。


医療界の声を届けてもらえるように、期待されていた
「日本医師会に支えられた武見敬三副厚労相も落選」
との結果。

正直言って、びっくりしました。

日本医師会の推薦力が、弱かった、
つまり、日本医師会の医師に対する政治に関しての求心力が弱かったのでしょうか。

もしくは、
それぞれの医師が独自の考えを持って自分の代理として医療の声を国政に届けてくれる候補者を選んだのでしょうか。

どちらにしても、2007年参議院選挙においては、日本医師会のリーダーシップの元、医療界の声を一本にして国政に届けよう、というまとまりは見られなかったようです。

どんなに、今の医療に対して改善すべき点を挙げることができたとしても、
それを国政の場に届けることができる人が必要です。

医療の現場をもっとも変えたいはずの医師の集まりである日本医師会が、
総意として一人の候補者を国政の場に送り出すことができなかった、というのは、
組織としての力の弱さを感じます。

でも、暗い材料ばかりではありません。
大阪では内科医師32歳がトップ当選しています。
若い力と、医療の現場を身をもって実感しているという強さで、
医療界の声を国政に届けてくれることを期待しています。
[PR]
by fkymhts | 2007-07-31 23:44 | 白衣を脱いで