譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

他人と過去は 変えられない

と、言われます。

では、変えられるものは何なのでしょう。


今日は、ひとりごとです。ちょっと、別の考え方をしてみませんか?
クリックしていただけると、うれしいです。

変えられるものは、自分と未来。


そして、自分と未来を変えるためには、

いま、行動を起こしたらいいんです。


どんな、小さな行動でも、

積み重ねれば大きな変化につながります。


そして、

自分と未来を変えることが出来るようになったら、

もう少し、広い視野で、物事を見ることが出来るようになります。


過去は、確かに、変えられません。

でも、

他人を変えることは、本当にできないのでしょうか。


他人が、自分とまったく関係のない人で、

他人の課題(変えなければいけないこと)が、自分とは無関係、と考えると、

他人を変えることは出来ないでしょう。


でも、他人の課題が、自分に関係すると考えると、

その課題は、自分にとっても解決しないといけない共通のものになってきます。

そうなると、

変えられるものは、 自分と未来。


なので、自分で変えることができる課題ができてきます。


そして、その共通の課題を解決していく過程で、

他人である相手が、かわっていく、かも、しれません。


変えることはできなくても、

変わっていくことを期待できる可能性はあります。


他人は変えられない。


でも、他人を YOU ととらえるのではなく、

自分も関わっているWE ととらえて、

その課題を YOUR PROBLEM ではなく、

OUR PROBLEM と考えると、

自ら行動を起こして、

良い方向に変えていくことは、可能だと信じています。
[PR]
by fkymhts | 2007-08-23 06:58 | 診察室のひとりごと