譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

ゆとり

 仕事にゆとりがなくなると、いけませんね。


今日は、忙しさに振り回されてしまいました。
クリックしていただけると、うれしいです。


ついつい、焦ってしまって、言葉足らずになってしまったり、

耳に痛いアドバイスを受けたときにすんなりと聞き入れられなくなったりしてしまいます。


 普段だったら、

自分が話した内容を、十分に理解してもらえているかな、と確認したり、

痛いところを突かれても、心からありがとう、と言えるのにね。


 ゆとりを持つために大切なことは、

このあと起こることに対して、自分で適切な予測をたてること。


 予測と現実のギャップが大きければ大きいほど、

ストレスフルな時間を過ごすことになり、ゆとりがなくなってきます。


 そのためにも、

適切な予測を立て、

何から取り組むべきかを考えることが大切です。


 priority setting

プライオリティ セッティング

 と、いいますが、

優先順位をつけること。

 要は、

段取り です。


 新しいことでもなく、

横文字で言われている特別なことでもありません。


 以前から、この国でも大切にされてきたこと。

 段取り8分 とも、言われてきました。


 ゆとりがなくなって、目の前のことで手一杯になってきているときこそ、

一息ついて、段取りを仕切りなおしたいものです。
[PR]
by fkymhts | 2007-09-03 23:01 | 診察室のひとりごと