譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

鬼平

 ご存知ですか?


今日は、小さいながら、転機がありました。
クリックしていただけると、うれしいです。


鬼平犯科帳

 今日は当直明け。

朝でお役目ご免、のはずだったのですが‥。


 入院患者さんの診療や、

内視鏡検査、

はたまた、医局の勉強会やミーティング、

病院の事務処理

などなど、を済ませると、

16時前になっていました。


 もう、いっぱいいっぱい、

頭がぼーっとして、

これ以上、話しかけないで!

let me alone !

状態で、家にとぼとぼと帰ってきました。


 当直明けで、身体が疲れていると、

仕事の処理能力が落ちてきて、

少しの仕事でも増えると、お手上げ状態になってしまいます。


 もう、今日はこれ以上何もできない!

と、自分の中では限界、と思っていました。


 家に帰ると、鬼平犯科帳がDVDレンタルで届いていました。

寝るか、観るか、数秒迷ったあと、

誘惑に勝てずに、しっかり2話、魅入ってしまいました。


 結論。

このくらいの仕事量で、もう限界だ、と思っていたら、ダメ。

中村吉右衛門 演ずる 火付け盗賊改方長官、長谷川平蔵は、

プライベートと仕事の境など全くなく、世のため人のために頑張っている。

病院が社会の公器であるのならば、自分で限界を作ってしまわずに、

できる限りのことを続けていこう。

 と、

感化されやすい自分の性格に苦笑いしながら、

来週の病院-診療所連携の会の資料作りに取りかかりました。



 思いつめずに、

肩の力を抜いて、

しんどいときには休みながら、

それでも、

たゆまず、とまらず、

仕事を続けていきます。
[PR]
by fkymhts | 2007-09-07 23:04 | 白衣を脱いで