譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

膵臓がん の 抗がん剤治療



今日ちょっと、専門的なお話です。
クリックしていただけると、うれしいです。

膵臓がんの患者さんの治療に、関わらせていただくことが多くなってきました。


手術の後の抗がん剤治療を続けるために、ご紹介いただくことが多くあり、
抗がん剤治療について簡単にまとめてみました。


膵臓がんで使う抗がん剤は、
5-FU という種類の抗がん剤の系列か
塩酸ゲムシタビン という種類の抗がん剤です。

世界的に見ても、合意の得られた抗がん剤治療はなく、
ヨーロッパでは5-FUをベースとする術後補助化学療法が勧められていますが、
わが国ではこの治療について十分な合意が得られていません。

また、塩酸ゲムシタビンによる術後抗がん剤治療の延命効果は現時点では確定していません。

国立がんセンターのホームページ日本医療機能評価機構のホームページからの引用をこちらにまとめました。
治療を進める上でのご参考にしていただければ、幸いです。

どの治療が良い、と答えが出ていないことも多くあり、
それぞれの治療を知った上で、患者さんと医療者が相談しながら治療を進めていくことが必要と感じました。
[PR]
by fkymhts | 2007-12-05 23:35 | 病気のこばなし

<< おたふく     誕生日 >>