譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

やけどの水ぶくれ

 寒くなって、やけどの患者さんが増えています。


今日ホットなやけどのお話です。
クリックしていただけると、うれしいです。

やけどで悩むのは、水ぶくれをどうするか?

 外来に、インターネットで見た治療法をしている、といって来られた方が居られました。

「水ぶくれは破った方が早く治る、ってみたから、破ってきました。」

うーん。

「どこのホームページで見ましたか?」

とお尋ねすると、

「さあ、よく覚えていません。」

とのこと。


インターネット上は、情報が氾濫しているので、正しい情報かどうかの判断を自分で見極める必要があります。

じつは、やけどの水ぶくれ、
破らない方が早く治る、ということが分かっています。

水ぶくれの中の液がにごってきたり、

水ぶくれの周りが赤く腫れたりすると、

感染している可能性が高いので、水ぶくれを破らないといけないこともありますが、

感染のない水ぶくれでは、原則として破らない方が治りが早いです。



 これから、まだまだ寒い日が続きますが、

やけどの治療、と、

情報収集には、十分にご注意してくださいね。
[PR]
by fkymhts | 2008-01-23 22:27 | キズの手当て

<< 魚の骨     時間 >>