譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

やけどの治療 (おさらいです)

 1月も今日で終わり。

ということで、今月たくさん来られた、やけどの治療をおさらいします。



今日もホットなやけどの方がこられました。治療の方法がわかるようにします、というお約束どおり、まとめて見ますね。
クリックしていただけると、うれしいです。


やけどをしてしまったら、まず、
やけどをしてしまったら
で、応急処置をして下さい。
とにかく、冷やす!!ことが第一です。
20分くらい水道水で冷やしている間に、

やけどにラップ
をはれるように、サラ○ラップやク○ラップを探してください。
テープやワセリンがあると、なお良いでしょう。

材料がそろったところで、
自分でできる やけどの治療
を見ながら、実際の処置にうつってください。

なお、やけどの処置を自分でされたことのない方や、
これまでに経験したよりもひどいやけどの場合は、
医療機関を受診されることを強くおススメします。

また、
やけどで水ぶくれが出来ている時や、
やけどをした直後は、
やけどにくっつく創傷被覆材は使用しないでください。

水ぶくれが破れたり、周りの皮膚がめくれたりする危険があります。


冬の間は、
ストーブや熱湯によるやけど
カイロによる低温やけど
で病院にこられる方がたくさんおられます。

どうぞ、熱いものには、お気をつけて。
[PR]
by fkymhts | 2008-01-31 22:48 | キズの手当て

<< やけどの治療、どこを受診しますか?     魚の骨 >>