譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

医者が患者になってわかったこと …最終回

医者が患者になってわかったこと … 最終回、です。


一部、食事の時にはふさわしくない内容があります。あしからず、ご了承ください。
食事時を避けて、クリックしていただけると、うれしいです。


 大腸カメラの前には、1.8Lの下剤を飲んで、腸の中を洗い流します。

以前より味はずいぶんと良くなり、ポカリスエットのような味で、

最初は順調に飲めるのですが、800mlを越えたあたりから、少しずつしんどくなってきます。

 下剤の添付文書(説明書みたいなものです)には、200mlごとに便の色を注意して見てください、と書いてありますが、800ml時点で便は出ず…。

 結局、1200ml位飲んだあたりで、ようやく便が出始めました。

患者さんへも、200mlごとには出ないことがある、というように説明しないといけないですね。

それからは、飲んだ分だけ、水のような便がシャーっと出て行きます。

便の色が茶色でなくなり、検査の準備完了です。


 検査室へ行き、

穴あきの紙パンツ(男性用の普通のパンツは前に穴が開いていますが、検査用の紙パンツは後に穴が開いています)をはき、

検査用の病衣(浴衣)に着替え、

いよいよ、まな板、じゃなかった、検査台の上にのります。


 大腸の検査の時には、ボーっとする薬(鎮静剤と言います)を注射して、楽に検査を受けられるようにすることが多いのですが、
検査台の上に横になって、注射をされたところまでは覚えているのですが…。


 次の瞬間、検査室の横の回復室で、家内に揺さぶられて目が覚めました。

「もう、帰りますよ。」

時計を見ると、検査が始まった時から3時間が経っていました。

鎮静剤の効果に、睡眠不足と普段の疲れが加わって、爆睡してしまったようです。

当然、検査のことは、全く覚えていません。


 で、

「何ともなかったよ。」

という結果を聞いて、ほっと一安心。


 でも、便が出にくくて、血液混じりだったのは一体何故??

 疑問は残りましたが、調べるだけ調べて、異常がなかったので、

「もしかして、大腸癌では?」

という不安から解き放たれました。


 
 今回の身体の不調とその検査を通じてわかったことは、

何か病気があるんじゃないか、と思うだけで、とても気分が滅入ってしまうということ。

体調が悪い原因が何かわからなくても、検査で異常がないとわかるだけでもほっとするということ。

そして、調子が悪い時にまわりの方からしていただく親切が、とてもありがたいということ。

でした。


 今回の経験を通じて、患者さんの不安を少しでも軽くできるよう、

患者さんの立場に立った説明をしていきたいと思います。
[PR]
by fkymhts | 2008-05-18 00:03 | 医者と患者さん