譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イベントのおしらせ( 42 )

公開勉強会 「地域リハビリテーション私論」

第6回目となります、譜久山病院公開勉強会です。
今回のテーマは、 地域リハビリテーション です。

リハビリテーションって、なに?
という方から
地域でのリハビリテーションのあり方に悩みを持っておられる方 まで。

兵庫県立総合リハビリテーションセンター中央病院名誉院長の澤村誠志先生のご講演で新たな境地が開けることウケアイです。

毎回、満員御礼のご好評をいただいている 譜久山病院公開勉強会。
[PR]
by fkymhts | 2006-03-02 22:41 | イベントのおしらせ

緩和ケア 公開勉強会 レポートです

c0029677_1311764.jpg11月5日、「一般病棟だからこそ始める緩和ケア」 というタイトルで公開勉強会を開催いたしました。

c0029677_13113837.jpg淀川キリスト教病院 ホスピス長の 池永昌之(いけながまさゆき)先生のお話は、
非常に具体的で、なおかつ、幅広く奥の深いものでした。

会場は立ち見がでる大盛況ぶりで、最後の質疑応答まで熱のこもった答弁が続けられました。


講演会後の懇親会も、たくさんの聴衆の方にご参加いただき、いろいろな施設から来られた方、また、医療関係者以外の方の交流が活発に行われていました。

緩和ケアは、一つの施設だけでできるものではありません。

地域における、顔の見える緩和ケアの輪を築く良い機会になったと思います。
[PR]
by fkymhts | 2005-11-06 23:15 | イベントのおしらせ

譜久山病院 院内研究発表会

10月29日に、院内研究発表会を行いました。

各部署で研究した内容を参加者全員の前で発表する、というもので、
2時間半にわたって、14題の発表がありました。
c0029677_212263.jpg

このたび、
外来からはキズの処置に対する湿潤療法、
療養型病棟からは褥創に対する開放性ウェットドレッシング療法
の発表があり、治療法が普及してきたことを喜ばしく思っています。

また、すべての部署が、自分たちの研究成果を活き活きと発表している様子が、
非常に頼もしく思えました。

日々の診療、ケアへの取り組みを研究発表という形でふり返り、
さらに良い診療、ケアへとつなげていけることを期待しています。
[PR]
by fkymhts | 2005-10-29 17:17 | イベントのおしらせ

緩和ケア 公開勉強会のお知らせ

 譜久山病院では、緩和ケアをテーマにした公開勉強会を行います。
講師として、淀川キリスト教病院ホスピス長の 池永 昌之 先生をお迎えします。

誰しもが迎える最期の時。
その時までの時間を、病気を持っていてもなお、その人らしく、尊厳を持って過ごされるのを支援する。
それが、緩和ケアです。

淀川キリスト教病院は日本で2番目にホスピスを開設しており、日本の緩和ケアを常にリードしている病院です。
譜久山病院は、ホスピスとしての病棟はありませんが、緩和ケアに力を入れています。
院長が淀川キリスト教病院に研修に伺っていたことがご縁で今回の勉強会に来ていただけることとなりました。

さて、勉強会のお知らせですが、
[PR]
by fkymhts | 2005-10-26 23:09 | イベントのおしらせ

敬老会

 9月10日、譜久山病院敬老会が行われました。
c0029677_22314694.jpg入院、通院で病院に来られているご高齢の方に、楽しい時間を過ごしてもらおうと、病院スタッフが趣向に富んだイベントを考えました。

病院スタッフが趣向に富んだイベントを考えました。
[PR]
by fkymhts | 2005-09-11 22:33 | イベントのおしらせ

NST公開勉強会

c0029677_22563971.jpg 8月20日、土曜日に、NST公開勉強会を譜久山病院通所リハビリテーション棟で行いました。
NSTとは、nutrition support team:栄養サポートチームと訳され、医療施設内における • 静脈栄養および経腸栄養の • 専門の知識・技術をもったチームとされています。
詳しいことは、こちらがわかりやすいです。

c0029677_2259022.jpg今回は、講師に川崎病院外科部長の井上善文先生をお招きし、最近ニュースでも取り上げられることの多くなったNSTの立ち上げについて、実情をわかりやすくお話していただきました。

医療機能評価や診療報酬対策の為のNSTではなく、患者さんの栄養状態を良くするということがまず最初にあるべきだ、と力強くお話されていたのが、心に刻み込まれました。
[PR]
by fkymhts | 2005-08-21 23:02 | イベントのおしらせ

救命処置のトレーニング

c0029677_2315465.jpg
明石市救急のご指導で、ACLS(advanced cardiac life support:救命処置)のトレーニングを 譜久山病院通所リハビリテーション棟で行いました。

c0029677_23225778.jpg
病院を含む、医仁会のスタッフ約60人が参加し、3グループに分かれて、ダミー人形を使った蘇生訓練に熱心に取り組んでいました。

入院患者さんの容態が急変したときや、救急患者さんが運ばれてきたときには、救命に一分を争うことがあります。
今回トレーニングを受けた蘇生技術が、病院に関わるすべてのスタッフにきっと役立つと思います。
[PR]
by fkymhts | 2005-08-17 23:11 | イベントのおしらせ

接遇の勉強会 おしらせ

先月行われました接遇の勉強会 のお知らせを、遅ればせながら掲載しました。
[PR]
by fkymhts | 2005-08-08 22:16 | イベントのおしらせ

接遇の勉強会

 接遇について、ポートピアホテル支配人の福寿様にご講演をいただきました。
ホテルとホスピタル(病院)の両方に共通するホスピタリティという言葉をもとに、ポートピアホテルならではの
おもてなしのこころ
について、ケーススタディを交えながらお話をしていただきました。
c0029677_22830100.jpg

 病院に関係のあるところでは、
「レストランで、お食事のあとに薬を取り出されたお客様がおられます。あなたならどうしますか?」 というケーススタディ。

「レストランで、お食事のあとに薬を取り出されたお客さんがおられます。あなたならどうしますか?」 
[PR]
by fkymhts | 2005-07-16 05:59 | イベントのおしらせ

院内感染の予防

 6月28日、譜久山病院で、院内スタッフを対象とした感染の勉強会をしました。
講師は、検査でお世話になっているFalcoの感染対策チームの方にしていただきました。
c0029677_239474.jpg

病院の床の60-70%にはMRSAがいて、看護師さんのうち10人に2-3人の白衣のポケットにはMRSAがいる、という、ショッキングな数字をしりました。
 院内感染を予防するもっとも有効で、かつ、現実的な方法は、擦り込み式アルコールで手指を消毒し、患者さんごとに新しい手袋をはいて処置する、ということのようです。
 食中毒が話題になりそうなこの時期、感染に対するしっかりとした知識とその実践による予防が大切です。
[PR]
by fkymhts | 2005-06-28 23:14 | イベントのおしらせ