譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:白衣を脱いで( 121 )

責任

 43歳の一年は、大きな変化の中にスタートを切ります。
先月、産まれた時から42年間生活し仕事をしてきた西明石の病院が西新町に移転し、
住み慣れた我が家がなくなる寂しさと新しいホームグラウンドができる喜びが入り組んだ思いで
新病院での仕事が始まりました。

父は38歳で創業した19床の譜久山外科を、45床の譜久山病院へ成長させる第2期工事を今の僕の歳で行いました。
僕は産まれて4ヶ月の時から病院の子として父が働く姿を見て育ち、父と同じ外科医としての道に進みました。
父は救急体制が不十分で医療の専門分化が進んでいなかった時代に、困っている人は助けるものだという考えのもと、
幅広い病気、ケガの患者さんを診ていました。
時代は変わり、周りに救急医療、専門医療を行う病院ができ、以前は手術でないと治らなかった病気が薬や内視鏡で治療が
できるようになり、外科医としての仕事の内容はずいぶん変わってきました。
でも、住み慣れた地域で安心して暮らせるように支える、という地域医療に対する責任は変わりません。

僕が力を入れている がんの緩和ケアは、患者さんと家族が住み慣れた場所で過ごすための支援が大いに必要とされます。
がんは、亡くなる2ヶ月程前から日常生活に支障が生じることが多く、それまで自立した生活していた人が急に支えを必要とするようになります。
そのタイミングを見逃さず、その人らしく生きることができるように支えるためには、普段からその患者さんの人となりとご家族の関わりを知る必要があります。
そのためにも、早期からの切れ目のない緩和ケアが必要なのです。

外科医として学んだ全身管理と救急処置の技術をもとに、がんの患者さんが地域で安心して過ごせるように支えていきたい。
それが、父から僕が引き継ぐ、地域に対して果たすべき責任なのだと思います。

3人の息子を持つ身となり、自分の思うようにいかない子育てからも、親のありがたさを実感するようになりました。
今、こうしてここにあるのも、全ては両親のおかげであり、親にしてもらったことを息子たちにつないでいくのが、家族に対しての責任です。

そうして、この感謝の思いを、息子たちが心から言えるように伝えるのも、父親としての責任です。

 お母さん、
43年前の今日 僕を産んでくれて、ありがとう。

[PR]
by fkymhts | 2016-12-05 22:36 | 白衣を脱いで

山本ビニターさんとの出会い

 今年最終週が始まりました。
とはいえ週の前半だけ仕事で、後半は年末年始のお休みに入ります♪ 

 さて、 京都府立医大のがん「温熱・免疫療法」 の本で温熱療法に出会って温熱療法について調べるうちに、温熱療法の機械で医療保険で治療ができるのは サーモトロン という機械だけで、山本ビニター株式会社が作っているということがわかりました。
8月3日に山本ビニターさんに連絡を取って5日に担当の方にお越しいただき、温熱療法についてのレクチャーをしていただきました。

がん細胞が熱に弱いのではないか、ということが、古くから考えられてきました。別の病気で高熱を出した患者のがんが小さくなったといった報告が世界各地の医師や研究者からあがっていたのです。

問題はがん細胞だけをどうやって加熱するのか?ということです。がんは身体の奥深くにあることも多く、また、身体中のあちらこちらに広がっていることもあります。身体を表面から温めるだけの方法では効果は期待できません。特に肺がん、肝臓がん、膀胱がんなどといった身体の深部にあるがんにはほとんど効果がありませんでした。

そこで注目されたのが、高周波の電波による加熱です。赤外線や紫外線が身体の表面しか温めることができないのに対し、高周波は身体の奥深くにまで浸透して、がん組織を狙うことができる特長を持っています。研究の結果、8MHzという周波数帯の電波が最も適していることが分かりました。
当社のハイパーサーミア装置「サーモトロン-RF8 EX Edition」は、8MHzを採用しています。

幾年にもわたる研究開発を経て1984年に、 山本ビニターが世界で始めて高周波加温によるハイパーサーミア装置"サーモトロン-RF8"を実用化、 厚生省の医療用具の製造承認を取得しました。
山本ビニター株式会社のウェブサイトより

というような内容に加えて、根掘り葉掘りの質問に対して丁寧に答えていただき、ふくやまの緩和医療の取り組みにも共感してもらえました。
1月16日の公開勉強会の協賛とウェブサイトでも勉強会のお知らせをしていただいています。
c0029677_23195332.png


がん組織は熱に弱いという理論はわかりやすいですが、
身体の内部深くにあるがんを温めるという技術を作るのはすごいことですよね。

正常組織にダメージを与えない、治療がしんどくない、という素晴らしさに魅せられて、
温熱療法をもっと知りたいと思うようになりました。
[PR]
by fkymhts | 2015-12-28 23:31 | 白衣を脱いで

感謝

 今日は、本当にたくさんの方に誕生日を祝っていただきました。
直接会ってお祝いを言っていただいたみなさん、
すこやカフェでサプライズのHappy Birthdayソングをフルート演奏してくれた高校生のみなさんと演奏に合わせて歌ってくださった参加者のみなさん、これまたサプライズのケーキを準備してくれたすこやかスタッフのみなさん、
忘年会にちょこっと顔を出しただけなのに、20数名の大合唱でハッピーバースデーを歌ってくれた外来部門・検査・在宅などのみなさん、
メール、メッセージ、facebookで世界中からたくさんのお祝いをくださったみなさん、
そして、盛りだくさんの一日の帰りを家で待っていてくれて、ハッピーバースデーを歌ってくれた家族のみんな。
本当に、ありがとうございます。

 変化の時代。
人が敷いてくれたレールは後ろにはあっても、もう前にはありません。
自分の頭で考え、人として、医者として正しいと思う方向へ自分自身でレールを敷き、志を同じくする人に後に続いてもらえるようにしなければなりません。
自分一人で全てを決められるわけではありませんが、いろんな人の意見を聞きながら、最終的には自分で決めなければ責任を持ってやり遂げることはできません。

 42歳という年齢は、社会の中で責任を持つのに決して若すぎることはなく、むしろ労を厭わずに率先して活動すべき年齢と思います。
ここまで無事に成長し、自分自身の家族を持ち、地域のお役に立てる仕事ができているのも、すべて元気に生まれ育ってきたおかげです。

 おかあさん
42年前の今日、僕を産んでくれてありがとう。

[PR]
by fkymhts | 2015-12-05 23:38 | 白衣を脱いで

強みを活かす

c0029677_12292417.jpg

今日は往診。
褥瘡(とこずれ)の診察のご依頼を頂きました。
地域での医療連携、大切です。
明石こころのホスピタル さん、
ステキなロゴですよね。
[PR]
by fkymhts | 2015-10-28 12:27 | 白衣を脱いで

ストーリーで支える緩和ケア

 小学校6年生に、ゲストティーチャーとして 「他人事ではないがんのお話」 をしてきました。
c0029677_11254471.png

内容として、
・がんになる人って、多いの?
・どうして、がんになるの?
・もしも身近な人ががんになったら
の3つをお話ししました。

・もしも身近な人ががんになったら で
今年看取りをさせていただいた方の内容になると、みなさんの集中力がぐっと上がっできたのを感じました。
ストーリーには、力がありますね。

治療法を選ぶには結果に繋がる数字が大切ですが、生き方を支えるには実体験のストーリーが力になります。

 緩和ケアに関わっている医師だからこそ患者さんと一緒に歩んできているストーリーを、
支える緩和ケアに役立てていきたいです。
[PR]
by fkymhts | 2015-10-11 11:31 | 白衣を脱いで

誕生日の習慣

 40歳で青年を卒業してはや一年が経ち、アラフォーも半ばを過ぎました。
看取る患者さんが、祖父母の世代から両親の世代となり、自分と一回りも変わらない患者さんとの別れに戸惑うこともあります。
その患者さんたちと共に過ごしていると、「いつかできるようになるだろう」と準備する時間が残されているわけではなく、できるできないは別として「目の前の問題に今取り組まなければならない」ことをひしひしと感じます。

「世代」をあらわすgenerationという単語には、約30年という意味もあります。
父がゼロから築いた病院を45床から3倍の132床に拡大することを決めたのが1986年。
母は「お父さんはたくさんの職員を管理することができないから、病院を大きくするのは反対。
あなたたちが医者になるのなら病院を大きくすればいいけれども、そうでなければ一代で病院を閉じたらいい。」と、
小学6年の僕と高校1年の兄を前に「選ぶのはあなたたち。」と言い放ちました。
誰よりも父を尊敬の的としていて、「大きいからこそできる医療がある。」という父の夢を知っていた兄弟としては、
「お父さんがやりたいことだったら、そうしよう。」と迷うべくもなかった記憶があります。

 あれから28年。
医者として尊敬をしていた父の仕事量にははるかに及びませんが、父が身体を削って支えてきたこの地域を思う気持ちはしっかり引き継いでいます。
一世代が経って、病院も新たな世代を迎える時となりました。来年の3月には、新たな病院の礎が築かれます。
こどもたちは、何かしら大きなことに自分たちも関わらざるを得ないらしい、という漠然とした感覚は持っているようです。
小学校4年生の長男は「外科は当直があるから内科にしようかな。」と、当直の代わりに家を守ってくれている妻が内科だから「内科=当直が無い」という誤解はあるようですが、医師という職業を意識しています。

 親にして貰ったことは、こどもに返す。
自分がして貰っただけのことができているかどうかは別として、親として今できることを精一杯する、
それを積み重ねていくだけで、それ以上でも、それ以下でもないのだと思います。

そして、高校2年生の時に教えて貰った誕生日の感謝の習慣をこどもたちが自然と引き継いでくれるような子育てになったらとても嬉しいです。

「おかあさん、41年前の今日、僕を産んでくれてありがとう。」



_
[PR]
by fkymhts | 2014-12-05 00:07 | 白衣を脱いで

不惑

 いよいよ、40歳になりました。

20代から30代になる時も新たなステップへと進む気持ちでしたが、
40となると、これまでは試行錯誤で進んできた青年期が終わり、
職場や社会に対する責任が大きくなってくるように思います。

30代に青年会議所活動を通じて得た学びや刺激、素晴らしい人たちとの出会いを糧として、
不惑の40歳を、自分自身、家族、職場の舵取りをしっかりとできるよう、
がんばります。

ちなみに、青年が終わると中年、かと思ったら、
44歳までは成人としてもっとも体力、気力が充実しているとされる年齢 の、壮年 という分類、
だそうです。

ここまで心身ともに健康に過ごすことができたのも、
ひとえに生み、育ててくれた両親と家族、そして、自分自身の家族が居てくれたからこそ。

お母さん、40年前の今日、僕を産んでくれて、
本当にありがとう。
[PR]
by fkymhts | 2013-12-05 06:22 | 白衣を脱いで

「尊厳死」 正しく理解していますか?

 「尊厳死」についての講演を聞いてきました。
がん末期の患者さんに関わっていますと、ご家族の方から、「尊厳死って、できるんですか?」という質問をいただくことがあります。
お話を聞いてみますと、延命治療を希望せず、またご家族によっては点滴なども含めて一切の治療をしないことが可能か、というご質問のようです。
c0029677_22125749.jpg

今回の講演では、初めて知ったことがありました。
「尊厳死」についての法制化はまだ途中ですが、医療裁判の判例からは、尊厳死が認められる為の必要条件としては、
「不治」かつ「末期」の病態であり、
治療を行わない、もしくは中止することに対して、本人の自己決定があること
が挙げられます。

そして、「尊厳死」が認められようとしている根拠としては、幸福追求をうたう憲法第13条が挙げられるそうです。
第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

患者さんが自己決定し、ご家族がその自己決定を受け入れられるように、頑張っていきます。
[PR]
by fkymhts | 2013-06-25 22:10 | 白衣を脱いで

家で過ごしたくないですか?

 家で過ごす、ということは、いつごろから難しくなるのでしょう。
自分ひとりでご飯を食べることができ、トイレに行け、お風呂に入ることができれば、
家で過ごすのは問題ないでしょう。
自分ひとりでできなくても、サポートしてくれる人が居れば、家で過ごすことはできます。
その能力が無くなり、サポートが得られなくなった時、
家で過ごすことが困難になるのでしょう。

 病気により家で過ごす能力が損なわれた際に、その能力を回復するために病院は必要です。
しかし、残念ながら治療によっても回復が期待できず、徐々に身体が弱っていき死が避けられない状態になった時には、病院は人が亡くなるのには相応しい場所ではないように思います。
 病院の療養環境の改善は勿論大切ですが、家で最期を迎える、家族で過ごす最後の時間をもつ事を
患者さん、ご家族、医療者で話し合う事は、患者さんご本人の意思を尊重する上で何よりも大切だと思います。

 あなたは、最期の時を、どこで、誰と、どのように過ごしたいですか?
[PR]
by fkymhts | 2013-05-19 17:49 | 白衣を脱いで

インフルエンザ



患者さんの気持ちがわかる、とはまだまだ言えないかも知れませんが、外出禁止になってしまいました。クリックでブログランキング、ご協力頂けましたら嬉しいです。


 ついに、インフルエンザにかかってしまいました。
水曜日に頭がポカポカと熱くて、首筋から腰にかけて重怠くて、なんだか変だなと思っていましたが、夜中に39℃の発熱。
木曜日朝に病院に行くと、やはり、インフルエンザ…。

 身体もしんどいですが、患者さんや医療スタッフに迷惑をかけるのが心苦しいです。

薬を飲んで、ひたすら水を飲んで、トイレに行って 
(水冷式という言葉がちょこっと頭をかすりました)
熱は下がってきました。

解熱後2日間はウイルスを排出するので、外出禁止。
という訳で、日曜日までは門外不出。

みなさま、多大なるご迷惑をおかけします。
月曜日から、元気に復帰します。
[PR]
by fkymhts | 2013-03-01 11:33 | 白衣を脱いで