譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

この人は、人が良くてね

 往診に伺った時に、患者さんのご家族がポツリと言われた言葉です。

 Oさんは、末期癌の状態で、緩和ケア目的で譜久山病院に紹介入院されてこられました。

「家に帰りたい」
このことだけが、Oさんの望みでした。

食事を食べることが出来ず、点滴が必要な状態。
また、癌による、痛み、全身倦怠感(体のだるさ)がだんだんと強くなってきている状態でした。

ご家族は、退院することに不安を感じておられました。
[PR]
by fkymhts | 2006-04-21 16:32 | 医者と患者さん

新入職員歓迎会

4月15日に、譜久山病院を含む、医療法人社団 医仁会の新入職員歓迎会が開かれました。
20名を超える新入職員の方を迎えて、新鮮な風が入ってきました。

新たに社会人になった方。
ほかの職場からこられた方。
学校に通いながら、勤務をされる方。

それぞれの方の初々しい自己紹介を聞いて、この一年がとても楽しみになりました。
[PR]
by fkymhts | 2006-04-16 12:36 | 白衣を脱いで

ホームページ、リニューアル

 譜久山病院のホームページが、新しくなりました。

 地域の皆さんに、身近で、お役に立てる情報をお伝えしていきます。

 写真がたくさん入っていますので、知った顔を見つけられるかも知れません。

 ちなみに、僕の写真も入っています。
 
[PR]
by fkymhts | 2006-04-10 23:20 | 診察室のひとりごと

澤村誠志先生 地域リハビリテーション私論 講演会 レポート

 兵庫県立総合リハビリテーションセンター中央病院名誉院長の澤村誠志先生の公開勉強会 「地域リハビリテーション私論」を、8日の土曜日、譜久山病院通所リハビリテーションセンターにて開催いたしました。
c0029677_2342979.jpg


リハビリテーション、というと、脳卒中や事故の後の機能訓練、
[PR]
by fkymhts | 2006-04-09 23:38 | イベントのおしらせ

お花見

今日は、譜久山病院の入院患者さんのお花見です。
c0029677_2216536.jpg

寒い日が続き、桜がまったく咲いていないかも、という心配もありましたが、ちょうど咲き始めでした。

春の息吹を楽しんでいただけたでしょうか。
[PR]
by fkymhts | 2006-04-06 22:18 | 白衣を脱いで

ジェネリック

TVのコマーシャルで、ジェネリック、という言葉をよく耳にするようになりました。

後発品の薬剤のことで、同じ効き目で費用が安いということをウリにしています。

先発品と同じ成分で、同じ効き目で、費用が安ければいいことばかりですが、

じつは、TVのコマーシャルで言われていない大切なことがあるのです。
[PR]
by fkymhts | 2006-04-05 22:52 | 診察室のひとりごと

お子さんのやけど

 当直中に、やけどをされたお子さんが続いてこられました。
やけどは、乾かさないように、水ぶくれをつぶさないように処置してください、とご説明すると、よく理解していただけました。

 ご自宅での処置の方法は、
やけどにラップを参考にしてくださいね。
[PR]
by fkymhts | 2006-04-02 21:27 | キズの手当て