譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

新型インフルエンザ講演

 神戸青年会議所で、新型インフルエンザについての講演をしてきました。



講演内容を皆さんにもお役立ていただければ、とご紹介させていただきます。
クリックしていただけると、うれしいです。


須磨海浜公園で、気持ちの良い初夏の午前に、
屋外での初めての講演でした。

講演の様子は、こちらをどうぞ。

講演の内容は、
モバイル第3診察室 でお知らせしています。
携帯でも見て頂けるよう、1回の内容を短くしています。
こちらから、ご覧ください。
[PR]
by fkymhts | 2009-05-24 21:01 | イベントのおしらせ

ちょうど1ヶ月

メキシコシティの豚インフルエンザ警報が解除。この1週間新規患者なし。
 21日木曜日、メキシコシティは豚インフルエンザ警戒レベルを黄色から青に引き下げた。


との、喜ばしいニュースです。



メキシコの感染が沈静化できて、良かったですね。
クリックしていただけると、うれしいです。


4月23日に流行が宣言されてから、ちょうど1ヶ月。

人的被害としては、
メキシコ中で3800名が感染し、75名が死亡されました。

金銭的被害としては、
メキシコシティは医薬品や抗菌ジェルを購入するため、また企業閉鎖と公共スペースの清掃のための報奨金に3億3千400万ドル(約300億円)費やしたとのことです。

くわしくは、こちらから

日本では、5月16日の神戸が第1例目。
1週間経った23日正午現在、 316例の感染確定が報告されています。

感染された方の一日もはやい快癒と、感染の沈静化を願っています。
[PR]
by fkymhts | 2009-05-23 23:39 | 病気のこばなし

新型インフルエンザ

ニュースで感染者数を伝えてくれるけど、一番最新の情報はどうなっているのかな?

と、思うことは、ありませんか?



新しい情報を知りたい、というあなたのために、リンクを準備しました。
クリックしていただけると嬉しいです。


国内の情報が知りたいあなた

関係省庁等からのお知らせ

国立感染症情報センターの新インフルエンザ(swine-origin influenza A/H1N1)のサイト
  
厚生労働省の新型インフルエンザに関する情報

首相官邸「新型インフルエンザへの対応」

学会のサイト
日本感染症学会のサイト


世界に目を向けたいあなた

鳥および新型インフルエンザ海外直近情報集(日本語で海外のインフルエンザ情報が見られるサイト)

WHO swine influenza(世界保健機構の新型インフルエンザ)のサイト
  
CDC swine influenza(アメリカのCDCの新型インフルエンザのサイト)


そして、21日付けの世界の感染状況は、こちら


 正しい情報へのアクセスのお役に立てれば、幸いです。
[PR]
by fkymhts | 2009-05-22 00:11 | 病気のこばなし

ペグ

 ペグ=PEG: percutaneous endoscopic gastrostomy
(経皮的内視鏡的胃瘻造設術) について、少しお話をしますね。

 ペグって、なんだろう? って、思われた方。

ペグは、食事を十分にとることができない方が、栄養を取ることができるようにする方法のひとつです。具体的には、皮膚の上から、胃の中に直接管をいれる胃瘻、というものを作って、そこから食事の代わりとなる栄養剤を入れることができるようにする方法です。

詳しいことはこちらがわかりやすいです

 ペグをつくることがある(適応がある)方は、次のような方です。
脳出血や脳梗塞で意識がはっきりとされていない方や、麻痺があって食事が食べられない方。
また、食事をするとむせてしまって、肺炎を繰り返し起こしてしまう方。
食道の病気(食道癌など)で、食べ物が胃に入るまでの通りが悪い(通過障害がある)方。
病気はないのですが、ご高齢の為、なんとなく食事が食べられなくなってしまった方。

 ペグをつくることによって、
点滴をする必要がなくなり、病院以外の施設や、ご自宅でも生活ができるようになります。
点滴よりも、より食事に近い成分の栄養を取ることができ、栄養状態が良くなります。
PEGからの栄養(経管栄養)で胃腸の調子が良くなると、食事がまた食べられるようになることがあります。

 お腹に管を入れる、ということで、不安に思われる方がたくさん居られますが、管を入れた後で、食事を食べられるようになったなどで管が不要になったときは、管を抜くと自然と穴がふさがります。
一度、管を入れたら、元の状態に戻ることができない、というようなものではありません。

 譜久山病院では、近隣の医療機関、介護施設からPEGをつくる為にご紹介をいただくこともよくあります。
食事が食べられなくなった、などでお困りのときには、ご相談ください。
[PR]
by fkymhts | 2009-05-20 12:19 | 病気のこばなし

インフルエンザについてのメモ No.2

インフルエンザについてのメモ No.1の続きです。



5月18日午前6時現在のインフルエンザ国内感染者数が96人になりました。
今日はフェイズ、についてすこし詳しいお話。クリックしていただけると嬉しいです。


インフルエンザの警戒水準について、フェイズ、という言葉がよく出てきますが、
WHOとCDCでは、異なるようです。

WHOによる新型インフルエンザ・パンデミックの警戒水準 (数字はフェイズ)

1 亜型ウイルスの存在が確認されているがヒト感染のリスクは低い
2 亜型ウイルスの存在が確認され、ヒト感染のリスクがより高い
3 ヒトからヒトへの感染は無いか、あるいはきわめて限定されている(家族や身近な接触者等)
4 ヒトからヒトへの小規模感染(単独国家内での感染)を認めるだけの証拠が存在する。パンデミックとなる可能性は中~高程度
5 ヒトからヒトへの相当数の感染(単一のWHO管区内における複数の国家での感染)を認めるだけの証拠が存在する。
パンデミックへと発展する可能性が高く、早急に大流行への計画的な対策を講じる必要性がある
6 グローバルパンデミック(世界流行)の状態。
フェーズ5の状態に加え、当初集団発生したWHO管区とは異なる管区で集団発生が確認される。

(ピーク後)
流行のピークは過ぎたものの、流行再燃の懸念が残る状態。
(パンデミック後)
パンデミックを起こしたウイルスが通常のインフルエンザウイルスと同等の状況となった状態。しかしパンデミックに対する警戒と備えは維持する必要がある。

流行の規模に応じて、
(1)エンデミック、(2)エピデミック、(3)パンデミックに分類される。

エンデミック
地域的に狭い範囲に限定され、患者数も比較的少ないもの。地方性流行とも呼ばれ、いわゆる風土病も、エンデミックの一種に当たる。
エピデミック
流行の規模が大きくなり、比較的広い(国内〜数カ国を含む)一定の範囲で、多くの患者が発生するもの。
パンデミック
さらに流行の規模が大きくなり、複数の国や地域に亘って(=世界的、汎発的に)、さらに多くの患者が発生するもの。

このうち最も規模が大きいものがパンデミックでフェイズ5-6が該当する。


アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によるフェイズ
前パンデミック期:フェイズ 1-2
パンデミック・アラート期:フェイズ 3-4-5
パンデミック期:フェイズ 6

出典 ウィキペディア

現在は、フェイズ5の状態。
今後の感染の広がりに注意が必要です。
[PR]
by fkymhts | 2009-05-18 06:45 | 病気のこばなし

褥創の講演、してきました。

明石市医師会の
第13回 明石市在宅医療研究会で、褥創治療の講演をしてきました。



今日は、とても充実した一日でした。クリックしていただけると嬉しいです。


タイトルは、予告どおり??

「譜久山病院における 開放性ウェットドレッシング療法の実際」

譜久山病院での褥創(床ずれ)の治療と、
これまでの治療の変遷についてのお話をしてきました。


ふくやまの後の、特別講演の演者は、褥創の治療で全国的に有名な 鳥谷部 俊一 先生。
とうてい、並べてお話をさせていただける立場ではありません。

写真は、こちらをどうぞ。

講演会の後の懇親会でも、褥創の治療についての最新の知見を教えていただき、
非常に勉強になった一日でした。
[PR]
by fkymhts | 2009-05-17 00:12 | イベントのおしらせ

褥創治療の講演、します。

突然ですが、
明日、講演をします。

おうちでできる、褥創(床ずれ)の処置でも、お知らせしたことがある、床ずれ(褥創)の治療についての講演です。



久しぶりの講演会。楽しみです。
クリックしていただけると嬉しいです。


明石市医師会の
第13回 明石市在宅医療研究会で、

褥創(床ずれ)の治療では全国区で有名な鳥谷部俊一先生の特別記念講演に先立って、
一般演題を発表してきます。

褥創の治療は、一般の医療機関でも簡単にできるんだよ、
ということを皆さんにわかっていただける前座講演にしようと思います。

今日の明日ですが、以下のとおりですので、
よろしければお越しください。

後日、ふくやまが講演したスライドをupしますね。

#############################################
日時:平成21年5月16日 (土) 16:00~18:00

会場:明石市新医師会館 大ホール 
(明石市大久保町八木743-33)
  

①一般演題 『開放性ウェットドレッシング療法の実際』

医療法人社団医仁会 譜久山病院 譜久山 仁

②特別記念講演 『褥創~最新治療の治療~』

相澤病院 褥創治療センター 総括医長 鳥谷部 俊一

参加費 医師・歯科医師 2,000円   
    その他関係職種 1,000円

参加ご希望の方は明石市医師会まで直接お申込ください。

申し込み先  078-920-8739
[PR]
by fkymhts | 2009-05-15 21:48 | イベントのおしらせ

お礼です。

やけどやキズの治療についてのご質問をいただくことが多くなっています。


今日は、お越しになった皆さんへのお礼です。
クリックしていただけると嬉しいです。


最近は、譜久山病院のある、明石からは遠く離れた所から、
それも、国外からのご質問もいただくようになりました。

このブログが、広く、たくさんの方に読んでいただけることに、御礼申し上げます。

また、やけどにご注意では、たくさんの方からの書き込みをいただいており、その書き込み内容が参考になられた、とのお礼もいただきました。

素人判断でしたが譜久山先生のアドバイスと皆さんの書き込み内容に感謝します。
本当にありがとうございました。


最近、更新が滞りがちで申し訳ございませんが、
すこしでもお役に立てるおはなしを、ゆっくりながらも続けていこうと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。
[PR]
by fkymhts | 2009-05-13 19:54 | 医者と患者さん