譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

家で暮らす



本当に、お久しぶりの記事になってしましました。
家で暮らすって、当たり前のこと、のように思われるかもしれません。
よろしければ、クリックでブログランキングにご協力ください。


 昨日、本当に久しぶりに恩師にお会いしてきました。
ブログの更新よりはるかに久しぶり、8年ぶりです。

 恩師は、「歳を取って耳が遠くなった」、とおっしゃっていましたが、
矍鑠(かくしゃく)とされていて、担任をして頂いた時のこともよく覚えておられました。

 奥様とのお二人暮らしですが、奥様がお体の自由が利きにくく、
毎食のお食事の介助に2時間ずつ、1日の4分の1(6時間)を当てている、
ヘルパーさん、訪問リハビリの方、訪問入浴の方、訪問看護の方、などが月から土曜日まで毎日来られる、
超多忙なので、自分は元気なのだと思う、
ということをお話してくださいました。

 入院、という状況では、これらのことは短時間ですることができる、いや、しないと業務が回りません。
家で暮らすことの大変さ、そして、その大変さを「自分の元気の源」とおっしゃる恩師の愛情をしみじみと感じました。

 家で暮らす
元気な時は、当たり前のことです。

でも、その状態が損なわれたときに、
どうしたら家で暮らせるのか、
どなたがサポートして下さるのか。
そして、何より、自分と家族がどのくらい本気で家で暮らしたいと思うのか。

自分自身、振り返って考える機会を頂きました。


 その人が 望む暮らし をすることができるよう、
個人的には目の前に患者さんへの接し方、
病院、法人としてはこの地域での医療、介護の提供を考えていこうと思います。
[PR]
by fkymhts | 2012-09-03 05:12 | 白衣を脱いで