譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

加古川医療センターへ緩和ケアの見学に行きました

加古川医療センターの緩和ケア病棟に見学に行って来ました。
譜久山病院の緩和ケアを支えてくれている平田先生、看護師の藤井さん、MSWの伊藤さんと一緒に、ハード、ソフト共に充実した病棟とカンファレンスを見させて頂きました。
c0029677_17484885.jpg
病室からベッドごと、外の空気を吸いに出ることができます。

また、ふくやまが10数年前に救急部で一緒に仕事をしていた、形成外科の櫻井先生も会いに来てくれました。櫻井先生には、譜久山病院でキズの治療が難しい患者さんをご紹介して連携をとっています。

緩和ケア内科の大林先生と甲斐師長さんから詳しくお話を伺い、こんな緩和ケアがしたいね、と帰りの車内も話が尽きませんでした。

すぐにできることは実行に移し、すぐにはできないことはできるようにする道を作って行きます。
亡くなるその日まで望む暮らしができる、健康的で明るく豊かな地域作りを目指して。
[PR]
by fkymhts | 2013-08-23 17:30

ちっちゃい?

 ご主人のお気持ちを慮って、病名を伝えないで欲しい、
といわれる奥さんが居られます。

「気が小さいので、悪いことは伝えたくないんですが…」

気が小さい、と、奥さんに言われるのも、つらいですよね。
ちっちゃい、といわれるのは、もっと ツライ ですが…

治療を自分で受けて、自分の人生を自分で決めるからには、
良いことも悪いことも知っておかないといけない瞬間があります。

ご家族を信じて、
その上で、支えていただけると、
医療者としてはうれしいです。
[PR]
by fkymhts | 2013-08-23 09:09 | 診察室のひとりごと