譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

病気中心じゃなくて、人を中心に。

医者として病気を治すのが仕事、といえばもっともですが、病気の中には治らないものもあります。また、治療には肉体的、精神的、金銭的、社会的な負担がかかるため、医療者は治療が必要と考えても患者さんが治療希望しないことがあります。
 インフォームドコンセント が定着してきたのは、医療者が病気を治すというスタンスに限界があるからではないか、と思います。
少なくとも、まち医者には、病気を持った患者さんと共に歩み、その治療を支援するhuman-centered careのスタンスが必要ではないかな、と思っています。

 譜久山病院は、あたらしい病院づくりに取り組んでいます。
人を中心とした医療・介護を提供したい人、病院を核にした新しいまちづくりの仕事をしたい人、
ぜひぜひ、ご応募下さい。
c0029677_1910213.jpg
 

 写真では文字が見にくいかもしれません。

以下をご参照下さい。
[PR]
by fkymhts | 2014-09-23 19:08 | 診察室のひとりごと