譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

やけどの治療、まだやってます。

c0029677_14294378.jpg
最近めっきり記事を書かなくなってしまった、やけど の治療ですが、ブログのアクセス分析を見てみてびっくり。10年前の記事を見て下さっている方が1日で50人以上も 居られるんですね。
やけどの新しい記事を書かなくなったのは、それ以降特に新しい治療をしなくなったから、というだけで、変わらず やけどの治療をしていますので、お役に立てますことがありましたら、お越しくださいm(._.)m


[PR]
by fkymhts | 2015-10-28 14:23 | 診察室のひとりごと

強みを活かす

c0029677_12292417.jpg

今日は往診。
褥瘡(とこずれ)の診察のご依頼を頂きました。
地域での医療連携、大切です。
明石こころのホスピタル さん、
ステキなロゴですよね。
[PR]
by fkymhts | 2015-10-28 12:27 | 白衣を脱いで

支える緩和ケア

c0029677_20595267.jpg

第3診察室の机の上です。
がんの患者さんの症状を共有するための「痛みの日記帳」。
ふくやまが熱を入れている ハイパーサーミア のパンフレットと、いつもお世話になっている 協和病院さんの地図。
がん患者さんの会 ゆずりは明石 のパンフレット。
必要な方は、遠慮なくお声がけくださいね(-_^)
[PR]
by fkymhts | 2015-10-27 20:55 | 診察室のひとりごと

ストーリーで支える緩和ケア

 小学校6年生に、ゲストティーチャーとして 「他人事ではないがんのお話」 をしてきました。
c0029677_11254471.png

内容として、
・がんになる人って、多いの?
・どうして、がんになるの?
・もしも身近な人ががんになったら
の3つをお話ししました。

・もしも身近な人ががんになったら で
今年看取りをさせていただいた方の内容になると、みなさんの集中力がぐっと上がっできたのを感じました。
ストーリーには、力がありますね。

治療法を選ぶには結果に繋がる数字が大切ですが、生き方を支えるには実体験のストーリーが力になります。

 緩和ケアに関わっている医師だからこそ患者さんと一緒に歩んできているストーリーを、
支える緩和ケアに役立てていきたいです。
[PR]
by fkymhts | 2015-10-11 11:31 | 白衣を脱いで