譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

支える緩和ケアへの道 開ける

 今日は大みそか。いよいよ2015年も終わります。
今年は僕の中で緩和ケアが変わるきっかけを頂いた年でした。
緩和ケアは治療ができなくなってから必要になるものという考えが、患者さんにも、場合によっては医療者にもあります。
最近になって診断から切れ目のない緩和ケアの必要性が言われるようになってきましたが、今年みつけた2005年の図では、
c0029677_1717232.png

診断された時に支持療法の必要性が大きいことを示しています。
そして、日本で一般的に言われてきている緩和ケアはエンドオブライフ ケアに位置付けられます。

 譜久山病院では、抗がん治療の途中からバックアップという形でがん患者さんに関わってきました。抗がん治療の副作用を抑えるように、がんの治療ができなくなった時の精神的苦痛や痛みや息苦しさ、だるさなどの身体的苦痛を和らげることができるように。
これらの緩和ケアの取り組みが患者さんのお役に立っていたことを願っていますが、見守る・看取る緩和ケアであり、「がんに対して打つ手がない」という患者さんの絶望感に対しては無力でした。
「痛みは取れて楽になったけど、後は死ぬまでの日を待つだけだよね。」と言われる患者さんに、
「そんなことはないですよ」と無責任な言葉をかけることはできず、
「予後はあくまで統計的なことですので、どのくらい間お元気かどうかはまだわからないですよ。」という言葉は自分の心にも虚しく響きました。

 3大治療ができなくなった患者さんを支えることができる治療がないか。
模索の途中で出会った食事療法は選択肢の一つとしては良いと思いますが、賛否両論あり、医師として患者さんに強く勧めるだけの確証を持つことはできません。
免疫療法は理論としては確立されていますが、医療保険が使えず、自費での治療になるため、費用面のハードルが高いです。
温熱療法は、理論として確立できており、保険診療でできる治療なので、目と脳を除くすべての固形がんの患者さんにお勧めすることができ、支える緩和ケアの心強い一手になります。

いよいよ8月19日、大きな希望を胸に初めて温熱療法を見ることができた日のことは、
新しい年が明けた明日、お知らせしますね。

みなさま、良いお年をお迎えください。
[PR]
by fkymhts | 2015-12-31 17:49 | 診察室のひとりごと

温熱療法への想いはさらにつながります。

 昨日は病院の納会でした。
すこやかクリニックへご挨拶へ行ったのち、法人のスタッフに一年間の感謝を伝え、来年一年の協力をお願いしました。
これで無事に一年間の仕事を終え、病院は4日間のお休みに入ります。
とはいえ、入院患者さんは居られますし、急患さんも居られますので、病棟を守ってくれるスタッフ、当直の先生には休みの間も支えて頂いています。

さて夏に話は戻りますが、百万遍クリニック見学と合わせて山本ビニターさんからアジアハイパーサーミア学会理事長の古倉聡先生にもご面会させていただく機会をいただきました。
全くの素人がお会いさせて頂くのは畏れ多い気もしますが、一番良くご存知の方にお話を伺える絶好の機会です。

温熱療法を見学したいという想いがつながりました。

[PR]
by fkymhts | 2015-12-31 12:43 | 診察室のひとりごと

温熱療法見学につながる温かいご縁

 師走とはよく言ったもので、 医師走る 状態であっという間に12月29日、30日が過ぎてしまいました。
2日間ブログアップができていませんでしたので、今日中に冬休みの宿題のように3日分まとめて^^;

 山本ビニターさんに温熱療法のお話を伺い、「百聞は一見に如かず」ということで治療の現場を見てみたいと思いました。ふくやま、思い立ったら自分の目で見ないと納得ができないところがあり、これまでもキズの湿潤療法で長野県へ、病院のIT化で福岡県へ、地域で安心して暮らせる仕組みづくりで愛知県へ、希望を持ち続ける緩和医療で埼玉県へ、と見学に行って、現場で教えて頂いたことが大変役に立っています。
 京都府立医大のお膝元の百万遍クリニックを見学させていただきたいと思っていたところ、当院で勤務されている杉本先生が院長先生である坂元先生と一緒にお仕事をされていたとのご縁でご紹介いただき、トントン拍子で8月19日に見学させていただくことになりました。

 距離も人のつながりとしても離れた百万遍クリニックの見学でしたので、どのようにお願いしようかと考えあぐねていました。普段机を並べて隣に座っておられる杉本先生からご紹介いただき、温かいご縁に感謝です。
[PR]
by fkymhts | 2015-12-31 06:30 | 診察室のひとりごと

山本ビニターさんとの出会い

 今年最終週が始まりました。
とはいえ週の前半だけ仕事で、後半は年末年始のお休みに入ります♪ 

 さて、 京都府立医大のがん「温熱・免疫療法」 の本で温熱療法に出会って温熱療法について調べるうちに、温熱療法の機械で医療保険で治療ができるのは サーモトロン という機械だけで、山本ビニター株式会社が作っているということがわかりました。
8月3日に山本ビニターさんに連絡を取って5日に担当の方にお越しいただき、温熱療法についてのレクチャーをしていただきました。

がん細胞が熱に弱いのではないか、ということが、古くから考えられてきました。別の病気で高熱を出した患者のがんが小さくなったといった報告が世界各地の医師や研究者からあがっていたのです。

問題はがん細胞だけをどうやって加熱するのか?ということです。がんは身体の奥深くにあることも多く、また、身体中のあちらこちらに広がっていることもあります。身体を表面から温めるだけの方法では効果は期待できません。特に肺がん、肝臓がん、膀胱がんなどといった身体の深部にあるがんにはほとんど効果がありませんでした。

そこで注目されたのが、高周波の電波による加熱です。赤外線や紫外線が身体の表面しか温めることができないのに対し、高周波は身体の奥深くにまで浸透して、がん組織を狙うことができる特長を持っています。研究の結果、8MHzという周波数帯の電波が最も適していることが分かりました。
当社のハイパーサーミア装置「サーモトロン-RF8 EX Edition」は、8MHzを採用しています。

幾年にもわたる研究開発を経て1984年に、 山本ビニターが世界で始めて高周波加温によるハイパーサーミア装置"サーモトロン-RF8"を実用化、 厚生省の医療用具の製造承認を取得しました。
山本ビニター株式会社のウェブサイトより

というような内容に加えて、根掘り葉掘りの質問に対して丁寧に答えていただき、ふくやまの緩和医療の取り組みにも共感してもらえました。
1月16日の公開勉強会の協賛とウェブサイトでも勉強会のお知らせをしていただいています。
c0029677_23195332.png


がん組織は熱に弱いという理論はわかりやすいですが、
身体の内部深くにあるがんを温めるという技術を作るのはすごいことですよね。

正常組織にダメージを与えない、治療がしんどくない、という素晴らしさに魅せられて、
温熱療法をもっと知りたいと思うようになりました。
[PR]
by fkymhts | 2015-12-28 23:31 | 白衣を脱いで

温熱療法のわかりやすい資料

 温熱療法を正しく知ってもらうには、わかりやすい資料から。
c0029677_18063425.png
患者さん向けのパンフレットです。http://www.vinita.co.jp/src/image/medical/includes/side/inner/right/mini_catalog.pdf 

1.ハイパーサーミアの原理
2.がんはなぜ熱に弱いか?
3.治療の種類とハイパーサーミア
4.どうやって加温するの?
・・・
と、イラスト入りでとてもわかりやすくなっています。

ダウンロードして印刷することもできます。

1月16日の講演会まで、22日間リレーブログをしていきますね。
(宣言前にフライングで2日間書いていたので今日で3日目です^^;)

ふくやまの想いも伝わりますように。

[PR]
by fkymhts | 2015-12-27 18:13 | 診察室のひとりごと

譜久山病院の緩和ケア連携は、こう変わってきました

 手術、化学療法、放射線治療の いわゆる3大治療は、兵庫県立がんセンターをはじめとする地域中核病院が提供しているので、それらの病院との連携が大切です。
問題は、3大治療ができなくて緩和医療目的で紹介される患者さんに、ウチの病院で何かお役に立てないか、ということ。
c0029677_21413665.jpg

以前は、抗がん治療が終わった段階で紹介をされることが多かったので、治療中止による絶望感や孤独感から信頼関係を築くことが困難で、当院に来られてから数日で亡くなられることもよくありました。
7年程前から、抗がん剤などで抗がん治療中から当院でも関わらせていただくこととし、抗がん治療を受ける患者さんを支えるようにしました。治療経過を共有することにより、患者さんとの信頼関係も築きやすくなりました。その後、症状を和らげるだけでなく希望を持って過ごしてもらえるように、漢方や免疫治療、食事療法、心理学、がんが奇跡的に治った手記などの本をいろいろと読みました。
そうして出会ったのが、温熱療法でした。
[PR]
by fkymhts | 2015-12-26 22:15 | 診察室のひとりごと

どうして 温熱療法 ?

 来年1月16日の がんの温熱療法 公開勉強会 「温熱療法って ホンマのところ どうなん ?」 まで、
ちょうど3週間となりました。
公開勉強会までの間、温熱療法についてのふくやまの想いをお伝えしますね。

 この本との出会いが、すべての始まりでした。

c0029677_23021724.png
 ちょうど半年前。
がんの患者さんの痛みやだるさ、吐き気などの症状を和らげる症状緩和を続けていく中、
「がんの治療ができない」という絶望に対しては何もできないことに、非力を感じていました。
その中で出会ったのが、 京都府立医大のがん温熱免疫療法 でした。
それまで、モヤモヤとしていたこころの曇りがパーっと晴れるような気がしました。

それまでの緩和医療の取り組みについては、また、明日お話ししますね。

[PR]
by fkymhts | 2015-12-25 23:15 | 診察室のひとりごと

がん温熱療法 勉強会 のお知らせです

 がんの温熱療法の公開勉強会を2016年1月16日土曜日の夕方に開催します。
手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療ががんの3大治療ですが、
それ以外にも医療保険で受けることができる治療があります。

温熱療法はハイパーサーミアとも呼ばれていて、がんが正常組織と比べて熱に弱いことを利用した治療です。温熱療法単独でがんを無くすことは困難ですが、正常組織への障害や副作用が少なく、体が温まること自体で痛みや便秘などの症状が楽になる患者さんもいます。
毎日健康サロン でわかりやすく載っていますので、参考にしてくださいね。

 公開勉強会のお知らせは、こちら。
c0029677_5582745.png

温熱療法は正確に理解されていないことが多く、講師としてお越しいただく坂元直行先生には、
「温熱療法って ホンマのところ どうなん?」 
というタイトルで、普通の講演会では聞きにくい内容をホンネでお話ししていただけるよう、打合せをしています。
c0029677_615152.jpg

坂元先生のご紹介はこちら。
c0029677_60211.png


ご興味のある方、ぜひ、公開勉強会にお越しください。
 TEL 078-927-1514(担当:広瀬、関戸) まで、
講演会(17:30-­19:00) 懇親会(19:00-­20:00) のご参加についてご希望をお知らせくださいね。
[PR]
by fkymhts | 2015-12-25 06:22 | イベントのおしらせ

感謝

 今日は、本当にたくさんの方に誕生日を祝っていただきました。
直接会ってお祝いを言っていただいたみなさん、
すこやカフェでサプライズのHappy Birthdayソングをフルート演奏してくれた高校生のみなさんと演奏に合わせて歌ってくださった参加者のみなさん、これまたサプライズのケーキを準備してくれたすこやかスタッフのみなさん、
忘年会にちょこっと顔を出しただけなのに、20数名の大合唱でハッピーバースデーを歌ってくれた外来部門・検査・在宅などのみなさん、
メール、メッセージ、facebookで世界中からたくさんのお祝いをくださったみなさん、
そして、盛りだくさんの一日の帰りを家で待っていてくれて、ハッピーバースデーを歌ってくれた家族のみんな。
本当に、ありがとうございます。

 変化の時代。
人が敷いてくれたレールは後ろにはあっても、もう前にはありません。
自分の頭で考え、人として、医者として正しいと思う方向へ自分自身でレールを敷き、志を同じくする人に後に続いてもらえるようにしなければなりません。
自分一人で全てを決められるわけではありませんが、いろんな人の意見を聞きながら、最終的には自分で決めなければ責任を持ってやり遂げることはできません。

 42歳という年齢は、社会の中で責任を持つのに決して若すぎることはなく、むしろ労を厭わずに率先して活動すべき年齢と思います。
ここまで無事に成長し、自分自身の家族を持ち、地域のお役に立てる仕事ができているのも、すべて元気に生まれ育ってきたおかげです。

 おかあさん
42年前の今日、僕を産んでくれてありがとう。

[PR]
by fkymhts | 2015-12-05 23:38 | 白衣を脱いで