譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

逆算 の緩和ケア

迷路って、ゴールからたどるとすっと通れますよね。

よろしければクリックでブログランキングにご協力お願いします。

時間がある時には迷うのも楽しいかもしれませんが、緩和ケアを必要とする患者さんに残された時間はとても貴重なもの。
「これで良かった」という最期を迎えられるよう、限りある時間内に無事に辿り着きたいですね。
そのためには、最期をどのように過ごしたいのかを患者さんとご家族さんが思い描いて、それを実現できるように医療者、介護者が支えることが必要です。

ふくやまは、緩和ケアのかなり早い段階で、
「イヤなお話をしてもいいですか?」と前置きをして、「いいですよ」とお返事を頂けた時には、ご自宅での生活が一人でできなくなった時にはどこで過ごされたいかをたずねています。

入院は緊急で入って来られても何とかなりますが、ご自宅で過ごすための調整には時間がかかることがあります。

どのくらいの時間があるのか、ゴールまでの距離がどのくらいか、がわかると、それに間に合うように準備ができますが、ゴールが定まっていないと望まない最期になってしまうかもしれません。

イヤなお話ではありますが、逆算の緩和ケアで患者さんがより良い時間を過ごせるなら、イヤな役を務めていきます^_^


[PR]
by fkymhts | 2017-02-19 18:49 | 緩和ケア

最期は在宅 それとも 入院?

 先日、緩和ケアの勉強会で、
患者さんの最期を患者さんの意思で決められるのはわずか1%で、
医師が決めるのが2/3、ご家族が決めるのが1/3という話を聞きました。

割合は場所によっても、状況によっても変わると思いますが、
患者さんの意思で決められることが少ない、というのは実感しています。

在宅医療をしている先生は在宅が良いと言い、
入院医療をしている先生は入院が良いと言う。
提供する医療に自信を持つことはもちろん大切ですが、
そもそもその患者さんにとってどこで過ごすのが良いか、
と言う視点が何よりも大切だと思います。

自宅で過ごすこと、入院で過ごすことのメリット、デメリットを説明し、
どちらで過ごすことを選んでもバックアップできるように在宅医療と入院医療で連携をする。

そうすれば、患者さんの最期を患者さんの意思で決めることができるようになると思うのです。

自宅で亡くなりたいと言う希望は8割、でも、実際に亡くなっているのは1割、というデータ。
ご本人は自宅で亡くなりたいと言い、ご家族は病院が安心と言う。

このようなことは、「在宅を選んだらいざという時に入院できないのでは」、とか、
「一旦入院したら家に帰ることができないのでは」、という不安が強いことも大きな原因と思います。

在宅と入院のどちらを選んでも、状況が変わった時には変更できるように柔軟に対応して、
片道キップにならないようにする。

ふくやま病院で細々とではありますが行っていることを、これからも続けていきます。

[PR]
by fkymhts | 2017-02-19 18:16 | 緩和ケア

早期からの切れ目のない緩和ケアって?

「緩和ケア」というと、
「もう、そんなに悪いのですか?」 と言われることがあります。

たしかに、緩和ケアという言葉が使われ始めたときは、「がん治療が効かなく」なってからするケア、と言われていました。
でも、それは25年以上も前のはなし。
今は、早期からの緩和ケアが必要、と言われています。
WHOは、1990年の時点では緩和ケアを「がん治療が効かなくなった患者に対する全人的なケア」と定義していましたが、その後、2002年の声明で、「がん治療の早期から開始すべき積極的な医療」と、がん治療の中心的存在へ位置づけを転換しています。転移・再発と診断された時点から、抗がん剤治療などと同時に開始すべき医療が緩和ケアなのです。
c0029677_18103139.jpg

ふくやまが2004年に明石で緩和ケアに関わり始めたときは、
抗がん治療後の緩和ケア が一般的でした。

抗がん治療後、患者さんはそれまで治療して下さった先生や病院との関係が終わって「もう治療がありません」と言われ、諦めと失意のどん底にいることが多かったのです。

抗がん治療後に緩和ケアが始まっても、短期間で亡くなられる患者さんも居られ、患者さん・ご家族さんと緩和ケアを提供する医師や看護師などの医療者との人間関係を築くのもなかなか困難でした。

そこで、抗がん治療を行う先生と相談して、抗がん治療中の段階から患者さんを支える「バックアップ」という形での緩和ケアを始めることにしました。
c0029677_18274664.jpg
緩和ケアは、患者さんが がん と診断された時から生きている間ずっと、そして、亡くなられた後のご家族の悲しみまでを支えるケアです。
そのためには、緩和ケアを提供する医療スタッフがチームとなって、患者さんやご家族と一緒に歩んでいくことが大切です。

抗がん治療は がん を取り除いたり、小さくしたりすることを目標としますが、
緩和ケアは 患者さんやご家族がより良い時間を過ごすことを目標とします。
そのため、緩和ケアは、通院、入院、そしてご自宅(在宅医療)を通じて、切れ目なく提供される必要があります。

抗がん治療の段階から、そして、できることならば抗がん治療を行う病院と連携して、がん と診断されたその瞬間から、切れ目のない緩和ケアを明石で提供していきたいです。

[PR]
by fkymhts | 2017-02-15 18:37 | 診察室のひとりごと