譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

初めての挨拶

c0029677_22322946.jpg

今日は、院長として迎える初めての朝礼でした。年度初めであり、たくさんの新入職の方が新しい風を吹き込んでくれます。
新しい人にも、前からいる人にも、院長として、法人が目指すところをお話ししました。
少し長くなりますが、どうぞ

#############################
おはようございます。
新しく仲間に加わったみなさん、ようこそ医仁会 ふくやま 病院へ。
みなさんをこころから歓迎します。
昇格されたみなさん、おめでとうございます。これまでしてこられたことが評価されての昇格です。これからの活躍を期待しています。

さて、僕にとっても始めての昇格です。
院長として、どのような医仁会 ふくやま病院にしたいのか を お話しします。

ぼくたちの仕事は、地域の方が安心して過ごせるように、医療・介護でお役に立つことです。
・かかりつけの患者さんの健康を守ること。
・急な病気の患者さんを受け入れて治療をしたり、当院でできない治療が必要な患者さんには適切な病院を紹介すること。
・他の病院での治療が終わった患者さんが自宅で過ごせるようにリハビリテーションなどの在宅復帰支援をすること。

これらのことは、ひとりひとりの患者さんだけでなく、診療所や急性期病院との連携を通じて地域を医療・介護で支えることにつながります。

病気になったり、歳を取ったりすると治療をしてもそれまでの生活ができなくなることがあります。
元通りの生活ができなくても、住み慣れた家で暮らせるようにしたい。もし家に帰ることができなくても、家族や親しい人たちに囲まれて過ごせるようにしたい。
そのためには、病気を治すだけでなく、地域が「帰りたい」場所であることが大切です。医療の専門分化が進み、一つの病院で健康管理から治療、看取りまでを行うことが困難になってきました。ふくやま病院は、兵庫県立がんセンター・明石市立市民病院・明石医療センター・大西脳神経外科病院などの急性期病院や、地域の診療所と連携して必要な医療を提供します。

ふくやま病院の中では、医師だけでなく看護・介護・薬・リハビリ・栄養など様々なプロフェッショナルが患者さんに関わっています。そう、私達は医療、介護で生計を立てているプロフェッショナルです。また、ボランティアの方や院内のコミュニティスペースを利用される方が地域から来られます。
ふくやま病院が病気を治すだけでなく人と人・情報・ものごとをつなぐ場所になることで、病院から退院して「帰りたい」地域づくりの役に立つことを信じています。

僕たちの法人、医仁会のキャッチフレーズは、
「『また来てね』といえる病院と『家がいちばん』といえる在宅 を目指します」
です。
部署や職種の垣根なく みんなで力をギュッと集めてこのキャッチフレーズを達成しましょう。
どうぞよろしくお願いします。
#############################

力を入れている緩和ケアも併せて、地域のお役に立てるよう精進して参ります。
気がつかれたことがございましたら、ぜひお教えください。

[PR]
by fkymhts | 2017-04-03 22:25